日本勢トップは寺岡沙弥香の13位タイ! 4人がオーガスタで行われる決勝へ【オーガスタ女子アマ2日目】

オーガスタナショナル女子アマチュアゴルフは2日目の競技が終了。初日に比べて10度近く気温が下がり、風も強く吹く中でのプレーの影響か、出場選手72名中スコアを伸ばしたのは5名のみとなった。

「自分の考えが足りなかったです。アホ過ぎました」(寺岡)

◆海外アマチュア競技<オーガスタナショナル女子アマチュア 4月3〜6日 オーガスタナショナルGC、チャンピオンズリトリートGC(ジョージア州)6360ヤード・パー72>

 2日間36ホールの予選ラウンドが終了し、6日にオーガスタナショナルGCで行われる最終ラウンドに進出できる35名が決定、日本勢は4名が決勝に駒を進めた。

13位タイで日本勢トップの寺岡沙弥香 写真:大会提供
13位タイで日本勢トップの寺岡沙弥香 写真:大会提供

 強風の影響で多くの選手がスコアを崩す中、前半3連続バーディを奪取し一時はリーダーボード上位にあがった寺岡沙弥香は、「自分のイメージではアウトはスコアが出ると思っていたので、予想以上のプレーができました」と悪天候でのイーブンフィニッシュに成長を感じた。一方でスコアを崩した後半については「自分の考えが足りなかったです。アホ過ぎました」と課題が残る部分も見えたが、「優勝や順位よりも予選通過が目標だったので、すごく嬉しいです。これから決勝に向けて目標を立てたいと思います」とまずは昨年のリベンジ達成をかみしめた。

 2日目を4バーディー8ボギーの「76」とし、トータル3オーバーの23位タイで終えた新地真美夏は「この風の中でバーディーを取れたんですけど、ボギーも打ってしまって耐え切れなかったです。ショットの感覚は昨日よりもよかったんですけど、狙う場所が合っていなかったり、距離感が難しかったり」と予選は通過したものの苦しい一日となった様子。ショットやパットの調整は残っているが、「試合でプレーしたい」という目標を叶え、決勝に向かう。

 横山の他に、今大会2度目の出場となった荒木優奈、初出場の中村心と飯島早織が予選落ちとなっている。寺岡と新地に加えて、六車日那乃と吉田鈴の4名を含む計35名が6日にオーガスタナショナルGCで行われる決勝ラウンドに進む。

<日本勢の順位>

13位タイ:寺岡 沙弥香(E)
17位タイ:六車 日那乃(+1)
23位タイ:新地 真美夏(+3)
23位タイ:吉田 鈴(+3)

以下予選落ち
横山 珠々奈(+5)
中村 心(+6)
飯島 早織(+7)
荒木 優奈(+7)

【写真】オーガスタナショナルGCでの決勝に駒を進めた日本勢の顔ぶれをチェック

画像ギャラリー

17位タイ:六車 日那乃 写真:大会提供
23位タイ:新地 真美夏 写真:大会提供
23位タイ:吉田 鈴 写真:大会提供(写真は2023年)
13位タイ:寺岡 沙弥香 写真:大会提供

最新記事