9バーディーのシャウフェレがメジャー最少タイ「62」で首位発進! 松山英樹は47位【全米プロ初日】

松山英樹(まつやま・ひでき)、中島啓太(なかじま・けいた)、久常涼(ひさつね・りょう)、金谷拓実(かなや・たくみ)が出場する米国男子ツアーの今季メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」の第1ラウンドが終了した。

「62」は「全米プロ」の歴代最少ストローク

◆米国男子プロゴルフ メジャー第2戦<全米プロゴルフ選手権 5月16~19日 バルハラGC(ケンタッキー州) 7609ヤード・パー71>

 日本の松山英樹、中島啓太、久常涼、金谷拓実の4人を含む156人のプロが出場する、全米プロゴルフ協会主催のプロゴルファー世界一決定戦。米国男子ツアーの今季メジャー第2戦「全米プロゴルフ選手権」の第1ラウンドが終了。

松山英樹は1アンダー47位で初日を終えた 写真:GettyImages
松山英樹は1アンダー47位で初日を終えた 写真:GettyImages

 ザンダー・シャウフェレ(米)が9バーディー、ボギーなしの「62」をマークし、後続に3打の差をつけて単独首位発進を決めた。「62」は米国メジャー大会の最少ストロークタイで、「全米プロ」の歴代最少ストロークとなる。

 6アンダーの2位タイにトニー・フィナウ(米)、サヒス・ティーガラ(米)、マーク・ハバード(米)の3人が続いている。

 さらに1打差の5アンダー5位タイに連勝を狙うローリー・マキロイ(北アイルランド)とコリン・モリカワ(米)、トム・キム(韓国)ら7人が並んでいる。

 世界ランキング1位のスコッティ・シェフラー(米)は1イーグル4バーディー、2ボギーの「67」でプレーし、前年覇者のブルックス・ケプカ(米)らと並び4アンダー12位につけている。

 12回目の出場となる松山は3バーディー、1ダブルボギーの「70」で回り、1アンダーの47位で初日を終えている。米国メジャー2戦目の久常と大会初出場の中島はイーブンパーの65位。金谷は4オーバーの137位と出遅れている。

 大会4勝のタイガー・ウッズは1オーバーの85位タイで2日目をスタートする。

<主なの初日成績>
1位/-9/ザンダー・シャウフェレ
2位/-6/トニー・フィナウ、サヒス・ティーガラ、マーク・ハバード
5位/-5/ローリー・マキロイ、コリン・モリカワ、トム・キム、ロバート・マッキンタイア、トム・ホジー、トーマス・デトリー、マーベリック・マクネリ
47位/-1/松山英樹
65位/E/中島啓太、久常涼
137位/+4/金谷拓実

【動画】ティーが弾け飛んだ!? 豪快!これがザンダー・シャウフェレのドライバーショットだ!

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

松山英樹は1アンダー47位で初日を終えた 写真:GettyImages
1 2

最新記事