「新調した野球グローブ到着でリフレッシュ」竹田麗央が10アンダー単独首位浮上 1差に黄金世代の高木優奈

国内女子ツアー第12戦「ブリヂストンレディス」の第2ラウンドが終了。竹田麗央(たけだ・りお)が10アンダーで単独首位に浮上。単独2位に高木優奈(たかぎ・ゆうな)が続いている。

「ブリヂストンレディス」大会2日目

◆国内女子プロゴルフ<ブリヂストンレディスオープン 5月16~19日 袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県) 6731ヤード・パー72>

 国内女子ツアー第12戦「ブリヂストンレディス」の第2ラウンドが終了。首位と2打差の4位タイから出た竹田麗央が1イーグル5バーディー、2ボギーの「67」でプレー。通算10アンダーとして単独首位に浮上した。

今季3勝目へ首位に浮上した竹田麗央 写真:Getty Images
今季3勝目へ首位に浮上した竹田麗央 写真:Getty Images

 出だし1番をボギーとしたが、2番パー5で6メートルに2オンさせイーグルを奪い「切り替えられた」。この2日間すべてのパー5でスコアを縮めている竹田。「パー5で獲れているので流れがいい感じでプレーできている」という。最終18番パー5でも3打目を1メートルに寄せてバーディーで締めた。
 
 「曲げたくないと意識すると上体が強くなってしまう」というクセがあるというが、今週のプロアマ戦の際に撮影した動画を見て「切り返しの時に上体が突っ込んでいた」と修正し、それも奏功した。

 前週は開幕戦以来の予選落ちを喫した。雨だったこともあり練習はせずに熊本県の自宅でリフレッシュした。「野球のキャッチボールにはまっていて、オーダーしたグローブが届いたので、その型をつけていました」と話す。グローブは持ち歩いているといい、今週は小祝さくらとキャッチボールをしたという。

 3勝目に期待がかかるが「まだあと半分あるので、明日からもしっかりと自分のペースでバーディーを獲っていけたら」と意気込んだ。

 2打差の8アンダー単独2位にツアー未勝利の26歳・高木優奈が続いている。さらに1打差の7アンダー3位タイに、ともに首位から出た岩井明愛と河本結が並んでいる。

 首位と4打差の6アンダー5位に23歳の藤田かれんがつけている。さらに1打差の5アンダー6位に前年大会覇者・山下美夢有、今季2勝の鈴木愛、安田祐香、木村彩子、高橋彩華の5人が並んでいる。

 今季1勝の小祝は3アンダー13位タイ。今季国内ツアー初出場の吉田優利はイーブンパーの32位タイで週末に進む。吉田優利の妹でアマチュアの吉田鈴も1アンダー25位で予選を通過している。

<上位の成績>
1位/-10/竹田麗央
2位/-8/高木優奈
3位/-7/岩井明愛、河本結
5位/-6/藤田かれん
6位/-5/山下美夢有、鈴木愛、安田祐香、木村彩子、高橋彩華

【動画】本当に止まった!? 斜め上の発想でしゃっくりを止める小祝さくらの“衝撃”エピソードを明かした竹田麗央

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

今季3勝目へ首位に浮上した竹田麗央 写真:Getty Images
1 2

最新記事