石川遼は新シャフト装着ドライバーが絶好調! 「パフォーマンスはほとんど100点」と2日目以降に手応え

国内男子ツアーの今季メジャー第1戦「BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ」の第1ラウンドが終了。石川遼が5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの「69」でプレー。2アンダー23位タイで初日を終えた。

「ドライバーのゲーム的には充実している」

◆国内男子プロゴルフ メジャー第1戦<BMW 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ 6月6~9日 宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース(茨城県) 7430ヤード・パー71>

 国内男子ツアーの今季メジャー初戦の第1ラウンドが終了。石川遼が5バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの「69」でプレー。2アンダー23位タイで初日を終えた。

2アンダー23位タイで初日を終えた石川遼
2アンダー23位タイで初日を終えた石川遼

 スタートホールの1番パー4でフェアウェイど真ん中を捉える会心のティーショットをみせて、大勢のギャラリーを沸かせた。しかし、ピンの根元を指した2打目はスピンが入りすぎて15メートルほど戻され、そこから3パットとなりボギーを先行させた。

「72ホールの最初のホール。先は長いので落ち着いてできた」と切り替えると、そこからは盤石のプレーで引き連れたたくさんのファンの期待に応えた。

 ドライバーの調子がよく、フェアウェイが極端に狭い4番以外のパー4とパー5でドライバーを握った。「ここまでドライバーを打てたことがすごく久しぶり。ドライバーのゲーム的には充実している」と満足げだ。

 開幕前の練習で好感触を得て、すぐに実戦投入したシャフトは「日に日に体になじんできている。ドライバーだけ自分のスイングと弾道がなかなか一致せずに悩んでいて、今回のシャフトでそれが解消されている」という。「きょうのドライバーのパフォーマンスはほとんど100点」とまで言い切る。

 石川は「ギアはあくまでも技術のサポートをするもの」という考えだが、肝心の技術についても「より固まってきている」といい悩みの質のレベルも上がっていると説明する。

 唯一、名物17番パー4で右に打ち出した球がドローせずにOBしたが「自分的には納得というか、なるほどというか、とんでもない悪い球ではなかった。データとして次に生かせるミスだった」と前向きに捉えられている。続く最終18番では10メートルのパットを沈めてみせた。

 10度出場し5度の予選落ちを喫している鬼門の大会。2アンダーの23位タイは初日としては過去3番目にいい成績だ。「プレーすればするほどメンタルも求められるコース。だから初出場の時が一番結果が出しやすい大会だと思う。初優勝者が多いというのも関係しているのかな。長くやってきている選手がここで勝つことは価値があること。だからやりがいがありますよね」と怖いもの知らずだったころよりも、いいスコアを出すことに価値を感じている。

「明日も楽しみです。コンディションも変わるでしょうけど、今日の続きという感じで、やることは変わらないです」と確かな手応えを感じながら2日目に臨む。

【写真】これが石川遼の最新14本だ!! ドライバーには見慣れないシャフトが…!?(2024年6月)

画像ギャラリー

キャロウェイ パラダイム Ai スモーク ◆◆◆(トリプルダイヤモンド) ドライバー(10.5度) シャフト:Tour AD GC プロトタイプ (60g台、硬さS)
キャロウェイ パラダイム Ai スモーク MAX フェアウェイウッド(3番15度) シャフト:Tour AD TPプロトタイプ(70g台、硬さX)
キャロウェイ APEX UW<2022年>(3番19度、4番23度) シャフト:Tour AD UB(3番 8X/4番 9X)
キャロウェイ APEX MB アイアン ツアーバージョン(5番~PW) シャフト:日本シャフト モーダス3 システム3 プロトタイプ
キャロウェイ JAWS RAW(ジョーズ ロウ)ウェッジ(50、54、58度) シャフト:日本シャフト モーダス3 システム3 プロトタイプ
オデッセイ ホワイトホット XG #7 H CS プロトタイプ
キャロウェイ クロムツアーXボール<2024年>
石川遼のキャディバッグの中身を調査
2アンダー23位タイで初日を終えた石川遼

最新記事