アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席に潜入! 接客はJAL、料理は椿山荘という超VIPサービスのお値段とは?

「アース・モンダミンカップ」が開催中の千葉県のカメリアヒルズCC。最終18番のグリーン周りには「ダイヤモンドボックス」というVIP席が存在する。気になる建物の内部に潜入した。

VIP席は昔から存在したが年々豪華になっていった

 国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」が開催中(6月20~23日)のカメリアヒルズCC(千葉県)。最終18番のグリーン周りには、一般客が入場できるスタンド席のほかに、「ダイヤモンドボックス」というVIP席が存在する。気になる建物の内部に潜入した。

アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 エントランス
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 エントランス

 エントランスを入ると協賛3社のロゴがお出迎えしてくれる。衛生環境を花王が、スタッフを日本航空が、通信設備をソフトバンクがそれぞれ担っているという。

アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 左がA棟で右がB棟
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 左がA棟で右がB棟

 建物は2棟に分かれており、正面の大きいほうがA棟となる。A棟は2階建てで1階は密室構造。透明なアクリル板で外と隔てられており、エアコンも完備されていて、快適な環境と最高のロケーションから締めくくりのプレーを観戦できる。

アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 エアコン完備で快適空間
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 エアコン完備で快適空間

 グリーンの周りには収音マイクが設置され、室内のスピーカーから外の音が聞こえるようになっており、カップインの音もしっかり響き渡る。「ホテル椿山荘東京」のプロデュースで、寿司やローストビーフなどの食事、ワインなどアルコール類も提供される。

アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 カフェのようなオープンテラス
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 カフェのようなオープンテラス

 グリーン右側に設置されているB棟は、オープンテラスの平屋建てとなっている。建物後方には前年まではなかったテラスが設置され、海外のゴルフ場のような雰囲気を作り出している。そこから16番のグリーンや17番のティーイングエリアを間近に見渡すことができる。

アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 17番を見渡すことができるテラス席
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 17番を見渡すことができるテラス席

 アース製薬株式会社・管理本部の中嶋大さんは「以前は1棟でしたが、23年大会からB棟が設置され、今年からオープンテラスになり、後方にもテラスが設置されました。毎年さまざまな要素が追加されていき、いつの間にかこんなに豪華になりました」と経緯を説明する。

優勝争いを盛り上げるためにコース改修

アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席から見渡す18番ホール
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席から見渡す18番ホール

 実はこの「ダイヤモンドボックス」から見渡すことができる17番(パー4)と18番(パー5/517ヤード)は、前年大会から大きく改修が施された。17番はティーイングエリアを大きく下げたことで前年の347ヤードから410ヤードに63ヤード距離が伸びた。

 18番のグリーンは一度取り壊され丸っきり生まれ変わった。形状が横長から縦長になり、手前半分は受けているように見えるが、半分から奥の面が進行方向に向かって傾斜している。さらにその先にこぼれたボールが集まるコレクションエリアとなっている。

アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 18番奥のコレクションエリアを見下ろすことができる
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 18番奥のコレクションエリアを見下ろすことができる

 中嶋さんは「昨年までは16番が最難関でした。17番は距離が短くバーディーが取りやすいパー4だった。18番もパー5でバーディーが取りやすく、順位が動きにくかった。それが、今年からは16番が“難しい”、17番が“超”難しい、18番が“ウルトラ”難しいとなったので、よりドラマチックな演出をしてくれると思います」と改修の意図を説明する。

「コースを難しくしすぎてもメンバーさんが困ってしまう」と一般営業を意識しながらも、年に1度のトーナメントの優勝争いをより劇的にするために、ゴルフ場と相談しつつ改修が施されてきたのだ。

気になるチケット料金は?

アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 最前列は予約が必要
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 最前列は予約が必要

 ぜひ、こんな素敵な場所で観戦したいものだが、どうせお高いのでしょ?

 当然、「ダイヤモンドボックス」で観戦するためには指定のチケットが必要。気になるお値段は、バレーサービス(駐車サービス)付きで、平日と土曜日が5万円。日曜日は10万となっている。さらに最前列の指定席は倍額になる。つまり最終日を最前列でペア観戦したら40万円かかることになる。

 この金額を高いと思うか安いと思うかはあなた次第。プライスレスな体験ができると考えれば……。一度体験してみてはいかがでしょうか?

【写真18枚】セレブすぎてヤバい! これがアース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席だ!

画像ギャラリー

アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 左がA棟で右がB棟
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 エアコン完備で快適空間
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席から見渡す18番ホール
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 A棟2階は開放的な空間が
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 最前列は予約が必要
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 2階から18番グリーンを見下ろせる
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 18番奥のコレクションエリアを見下ろすことができる
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 A棟2階にも密室空間が
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 おしゃれなカフェのようなB棟
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 ここからB棟の後方につながる
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 カフェのようなオープンテラス
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 迫力のティーショットが眼下に
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 17番を見渡すことができるテラス席
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席
アース・モンダミンカップ1番ホール後方には一般チケットで入場可能のシッティングエリアが
アース・モンダミンカップのオフィシャルショップ
マスターズを目指しているというアース・モンダミンカップのリーダーボード
アース・モンダミンカップ18番の「ダイヤモンドボックス」席 エントランス

最新記事