涙のV逸から1年… 単独首位発進・桑木志帆が“因縁”の18番で雪辱のバーディーフィニッシュ! 「今が一番手応えがある」

国内女子ツアー「資生堂レディス」初日、前年のリベンジに燃える桑木志帆(くわき・しほ)がボギーフリーの7バーディーでプレー。2位に2打差をつける単独首位発進を決めた。

18番は「絶対バーディーを取りたい」

◆国内女子プロゴルフ<資生堂レディスオープン 6月27~30日 戸塚カントリー倶楽部(神奈川県) 6697ヤード・パー72>

 前年はプレーオフで涙をのんだ桑木志帆が“完璧”なゴルフを見せつけた。

 27日に開幕した国内女子ツアー「資生堂レディス」。桑木は7バーディー、ノーボギーの「65」をマークし、7アンダーの単独首位発進。2位の堀琴音、仁井優花に2打差をつけて初日を終えた。

後続に2打差をつける7アンダーの単独首位発進を決めた桑木志帆 写真:Getty Images
後続に2打差をつける7アンダーの単独首位発進を決めた桑木志帆 写真:Getty Images

 武器となったのは飛距離。「ドライバーが去年より全然違うぐらい飛んでいる」と話すように、セカンドで持つ番手が短くなるぶん、ピンに絡めていることがバーディー量産につながっているという。

 また、「絶対バーディーを取りたい」と話していた最終ホールでは、セカンドで圧巻の一打を披露。

 残り133ヤードでピッチングウェッジを振り抜き、1メートルにつけてバーディーフィニッシュ。前年のプレーオフの舞台となった18番でギャラリーからの大歓声を浴びた。

「(今は)すごい調子がよくて、この位置にいられるのはうれしい。あと3日間あるけど少し余裕があるかなと思う」とその表情からも充実ぶりがうかがえる。

 ここからさらにスコアを伸ばして後続を引き離したいところだが、大会2日目は午前中から雨予報。

「今日みたいなゴルフはできないと思うので、崩れないことが一番。赤字(アンダー)で上がれたらいいなと思います」と気を引き締め、メディア対応やファンサービスを終えた後は練習グリーンへ向かいパッティングの感覚を入念に確かめた。

「今が一番手応えがある」と自信をのぞかせた桑木。“因縁の地”でリベンジ達成をもくろむ。

桑木 志帆(くわき・しほ)

2003年生まれ、岡山県出身。21年6月に実施されたプロテストに合格してプロ入り。同年の新人戦「加賀電子カップ」で優勝を挙げている。2023シーズンは「ブリヂストンレディス」(3位タイ)、「北海道meijiカップ」(2位)、「CAT Ladies」(3位)、「TOTOジャパンクラシック」(2位タイ)などの活躍。「資生堂レディスオープン」ではプレーオフに進出するなど初優勝に最も近い選手の一人。23年のメルセデス・ランクは10位。大和ハウス工業所属。

【写真38枚】原英莉花&小祝さくら&臼井麗香らが前夜祭で豪華共演! 横浜決戦を彩る“ドレスアップ姿”

画像ギャラリー

(左から)脇元華、菅沼菜々、原英莉花 写真:山上忠
(左から)脇元華、菅沼菜々、原英莉花 写真:山上忠
(左から)臼井麗香、阿部未悠、宮田成華 写真:山上忠
(左から)臼井麗香、阿部未悠、宮田成華 写真:山上忠
(左から)山内日菜子、蛭田みな美 写真:山上忠
(左から)山内日菜子、蛭田みな美 写真:山上忠
小祝さくら 写真:山上忠
小祝さくら 写真:山上忠
(左から)青木瀬令奈、木村彩子 写真:山上忠
(左から)青木瀬令奈、木村彩子 写真:山上忠
柏原明日架 写真:山上忠
柏原明日架 写真:山上忠
永井花奈 写真:山上忠
永井花奈 写真:山上忠
(左から)後藤未有、澁澤莉絵留 写真:山上忠
(左から)後藤未有、澁澤莉絵留 写真:山上忠
櫻井心那 写真:山上忠
櫻井心那 写真:山上忠
(左から)菊地絵理香、阿部未悠 写真:山上忠
(左から)菊地絵理香、阿部未悠 写真:山上忠
鶴岡果恋 写真:山上忠
鶴岡果恋 写真:山上忠
(左から)吉本ひかる、新垣比菜 写真:山上忠
(左から)吉本ひかる、新垣比菜 写真:山上忠
尾関彩美悠 写真:山上忠
尾関彩美悠 写真:山上忠
金澤志奈 写真:山上忠
金澤志奈 写真:山上忠
(左から)佐久間朱莉、桑木志帆 写真:山上忠
(左から)佐久間朱莉、桑木志帆 写真:山上忠
鈴木愛 写真:山上忠
鈴木愛 写真:山上忠
星野杏奈 写真:山上忠
星野杏奈 写真:山上忠
桑木志帆 写真:山上忠
桑木志帆 写真:山上忠
(左から)天本ハルカ、神谷そら 写真:山上忠
(左から)天本ハルカ、神谷そら 写真:山上忠
後続に2打差をつける7アンダーの単独首位発進を決めた桑木志帆 写真:Getty Images

最新記事