好調続く大里桃子が安定感抜群のゴルフで今年3度目の2位に

好調続く大里桃子が今年3度目の2位フィニッシュ!

◆国内女子プロゴルフ<中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 5月21日~23日 愛知・中京ゴルフ倶楽部 石野コース 6486ヤード・パー72>

今年3度目の2位フィニッシュ

 前週のほけんの窓口レディースで3年ぶりのツアー2勝目を手にした大里桃子がまたもや結果を残した。

大里桃子選手 写真:Getty images

 2日目の第1ラウンドは6バーディー・1ボギーの67、最終日も5バーディー・1ボギーの68と安定感抜群のゴルフで、通算9アンダーの2位でフィニッシュ。「自分の持ち味である粘り強さが活かせていると思います。アイアンもすごく良かった」と、胸を張った。

 3週前のパナソニックオープンレディース1位から、ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ2位タイ、ほけんの窓口レディース優勝、そして中京テレビ・ブリヂストンレディス2位と好成績が続く。これだけ好調が続いている要因について、大里はこう分析する。

「パターもいいですけど、ショットがすごく安定しているので自信をもって打てています。今日はちょっと(スイングが)荒れていましたけど、今までよりは安定しています。オフにスイングを少し変えたのが身体にしみついているというか、オフに固めてきたことが、すごく安定しているのだと思います」

 優勝した稲見の驚異的なスコアの前に追撃とはならなかったが、大里のツアー3勝目が近いことを十分に感じさせてくれる内容だった。

「もちろん(優勝が)できたらいいですけれど、時の運に任せます」と笑っていたが、その表情からは充実ぶりがうかがえる。ブリヂストンスポーツ契約選手として、今大会のホステスプロの役目を十分に果たしたことにもホッと胸をなでおろしていたはずだ。

 今回の主役は稲見に譲ったが、これから大里も優勝争いにどんどん加わるだろう。ミスの少ない安定感がある選手ほど怖いものはない。

この記事の画像一覧へ(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/GettyImages-1318951961リサイズ-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/GettyImages-1318952003リサイズ-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/GettyImages-1319396020リサイズ-150x150.jpg

最新記事