「とても楽しく勉強になった」フィリピン代表の笹生優花が9位タイ

今季の全米女子オープンを制した笹生優花が、東京五輪にフィリピン代表として出場。通算10アンダーの9位タイで大会を終え、「すごく楽しい1週間でした」と笑顔を見せた。

◆東京五輪ゴルフ<女子 8月4日~7日 霞ヶ関カンツリー倶楽部 6648ヤード・パー71>

笹生優花 最終日の猛チャージで9位タイに「すごく楽しい1週間でした」

 日本代表の畑岡奈紗と稲見萌寧に注目が集まるなか、もう一人、日本とゆかりがある選手からも目が離せなかった。フィリピン代表として東京五輪に出場した笹生優花だ。

 日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれた笹生は、今季の全米女子オープンを制して一躍、世界にその名を轟かせた。

フィリピン代表で出場の笹生優花は9位タイフィニッシュ(写真は第1ラウンド) 写真:Getty Images

 全米女子オープンで優勝したあとは米ツアー参戦を決めているが、それまで日本ツアーを主戦場としており、日本のゴルフファンからも注目を集めていた。

 最終日は20位からスタートし、1イーグル、5バーディー、1ボギーの65の猛チャージで通算10アンダーの9位タイまで順位を上げた。

 女子選手の中では屈指のロングヒッターで、この日も17番パー4では253ヤードを1オンに成功。6メートルのイーグルパットを沈めるなど、随所で光るプレーを連発した。

 ホールアウト後のテレビインタビューでも、終始、表情は明るかった。

笹生優花には全米女子オープン覇者としての活躍が今後期待される(写真は第1ラウンド) 写真:Getty Images

「すごく楽しい1週間だったと思いますし、勉強になった良い試合でした。残り3日は、初日よりも良いゴルフができました。きょうもパターが入ってくれたので良かったと思います。初めての五輪は、本当に楽しかったですし、良い経験になったと思います。きょう同組だった台湾の選手とかがみんな優しくて、まだまだ自分が学ぶことが多くてすごく楽しかったです。いつも通り自分のベストを出して、自分のゴルフができるように頑張っていきたいです」

 メダルは獲得できなかったが、笹生の真価が問われるのはこれからの米ツアーだろう。全米女子オープン覇者として、これからアメリカでの活躍を期待したい。

この記事の画像一覧へ(9枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/inami_olympic-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/inami_olympic-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/inami_olympic-3-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/GettyImages-1332775526_改-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/GettyImages-1332770455-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/kasumigaseki_GettyImages-1331570275_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/07/funakoshi-tokyo-olympic-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/saso_olympic-1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/saso_olympic-2-2-150x150.jpg

最新記事