渋野日向子は無念の34位タイ「今の私の現状をすべて吐き出した大会」

AIG女子オープン(全英女子)の最終日、2019年大会覇者の渋野日向子は5バーディー、4ボギー、2ダブルボギーの75、通算1アンダーの34位タイでメジャー最終戦を終えた。

34位タイの渋野日向子「すごく悔しいラウンドだった」

◆海外女子プロゴルフ<AIG女子オープン(全英女子) 8月19日~22日 カーヌスティGL(スコットランド) 6850ヤード・パー72>

 今年の海外メジャー最終戦「AIG女子オープン」を渋野日向子は通算1アンダーの34位タイで終えた。

2019年覇者の渋野日向子は無念の34位タイに終わった 写真:Getty Images

 アンダーパーで大会を終え、結果もまずまずのところ。ただ、満足いく内容ではなかった。だからこそ、ホールアウト後の中継インタビューでも悔しさがにじみ出ていた。

「本当にすごく悔しいラウンドだったと終わってから思います。スタートが良かった分、自分で(流れを)切ってしまって、そこからなかなか切り替えができませんでした。最後に持ち直せたのは良かったですが、良かった分すごく悔しい」

 最終日は1番と2番で2連続バーディーとしたが、3番と5番をダブルボギー。後半はどうにか耐え、15番はパー、16番は2.5メートルのバーディーパットを沈めた。

「1番、2番といいスタートが切れた中で、3番で自分で流れを壊してしまって、そこからなかなか戻れずっていう感じだったので、本当に悔しかったんですけど。最後の難しい4ホールを1アンダーで回れたっていうのは今日の中ではすごくうれしいことですし、16番で昨日のリベンジができたのが、一番うれしかったです」

 2019年大会を制覇した渋野にとって、これからも特別な大会となるわけだが、今年はどうだったのか――。

「去年に比べたらちょっとは成長できたかなと思いますが、まだまだだなって思わされる全英だったなと思いますし、また来年もっと強くなってもっといい位置で戦えるように頑張りたいです。できたところもありますし、悪いところも見せてしまった感じもあるので、今の私の現状をすべて吐き出した大会だったかな、と思います」

 今大会は無念の34位タイといったところだが、改造中のスイングも少しずつ完成形に近づいてきているとも聞く。

 渋野は「連続してスコアを落とさないようなゴルフをもっと心がけてやっていかないといけない。そこが一番です」と気持ちを新たにしていた。

今年は海外が主戦場となった渋野日向子の武者修行を振り返る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/GettyImages-1233004053リサイズ-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/GettyImages-1233072313リサイズ-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/タイトル用-全米女子プロは40位タイ写真は第2R) GettyImages-1325438363_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/GettyImages-1325306934_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/shibuno_2021AIG_GettyImages-1335685437-150x150.jpg

最新記事