「2人そろって世界で戦いたい」最注目ルーキー“岩井ツインズ”がヨネックスとクラブ契約

今年6月の女子プロテストに合格した22名の精鋭の中でも最注目のルーキー“岩井ツインズ”。2人が選んだ使用クラブはジュニア時代から愛用するヨネックス。将来は2人そろって世界で戦いたいと目標を語りました。

妹・千怜はプロ入り早々に下部ツアーで優勝

 コロナ禍の影響により今年の3月~に延期された2020年度のJLPGA女子プロテスト。6月22~25日に行われた最終プロテストを勝ち抜いた22名(20位タイまでが合格)が、晴れてプロゴルファーとしての道を歩み始めました。

ヨネックスとの契約記者会見に出席した姉の明愛(左)と妹の千怜 写真:ヨネックス提供

 例年、合格率は3%台ともいわれる狭き門を突破した精鋭の中でも特に注目を集めるのは、“岩井ツインズ”こと、明愛(あきえ)、千怜(ちさと)の双子の岩井姉妹です。

 岩井姉妹はともに高校ゴルフの名門、埼玉栄高でチームを日本一に導くなど活躍し、今春から武蔵丘短期大学に在籍する現役短大生でもあります。姉・明愛は2020年日本女子オープンのローアマ(出場したアマチュアの中で1位、全体では14位タイ)をはじめ、プロテスト合格前に出場した21年パナソニックオープンレディースでは3位タイと優勝争いを演じての3位タイなど、数々のツアー競技でベストアマに輝いています。

 妹・千怜はアマチュア時代の戦績では姉に譲るものの、9月1~3日に行われたステップ・アップ・ツアー(国内女子下部ツアー)のカストロールレディースでプロ初優勝。プロ入り早々に実力を証明してみせました。

 この“岩井ツインズ”が試合で使用する用具がついに決定。ともにジュニア時代から愛用しているヨネックスと契約を結びました。両選手とも弊社新潟工場で製造したドライバー「EZONE シリーズ」にカーボンシャフト「REXIS KAIZA(レクシス カイザ)」、アイアンは G-BRID 構造搭載軟鉄鍛造「EZONE CB501 フォージド」を使用します。

 契約発表会見での両選手のコメントは以下の通り。

姉・明愛「小さい頃からお世話になっていますし、ヨネックスのクラブを使わせていただき、支えられたのでここまで来ることができました。感謝の気持ちしかありません。将来は、夢、元気、感動を与えられる選手になりたいです」

妹・千怜「これまでずっとサポートしていただきましたし、これからもヨネックスを使い続けたいという思いがあったので、迷わず契約を決めました。最終的には2人そろって世界で戦えたらいいなと思っています」

【写真】“岩井ツインズ”の契約会見から初々しいプロテスト合格時、妹・千怜の初優勝時の実際の画像を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/2_iwaitwins-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/4_iwaitwins-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/5_iwaitwins-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/1_iwaitwins-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/3_iwaitwins-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/岩井姉妹_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/GettyImages-1325350300-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/GettyImages-1338014540-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/GettyImages-1338016851-2-150x150.jpg

最新記事