ブリヂストンオープンで米ツアーに殴り込む10人の侍が決定!

先週行われたブリヂストンオープンの結果を受け、10月21日からの米ツアー、ZOZOチャンピオンシップの出場者が決定。優勝の杉山知靖をはじめとした同大会の上位者3名に加え、今年の東建ホームメイトカップからのランキングによる7名の計10名が、最高峰の戦いに挑む。

前回のZOZOで低迷した大槻、星野、今平がリベンジへ

◆国内男子プロゴルフ<ブリヂストンオープン 10月7~10日 袖ケ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県) 7119ヤード・パー71>

 2年ぶりに日本で行われる米ツアー、ZOZOチャンピオンシップ(10月21~24日、アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ)に日本ツアーから10人が出場権を獲得した。

米ツアー参戦を視野に入れる金谷拓実にとって、大きなステップアップのチャンス 写真:Getty Images

 ZOZOに出場できるのは、10日に終了したブリヂストンオープンの上位3人と、今年の初戦、東建ホームメイトカップから今大会までの獲得賞金によるZOZOランキング上位7人だ。

 まずは、優勝した杉山知靖、そして2位タイの香妻陣一朗と片岡尚之。ZOZOランキングからは木下稜介、スコット・ビンセント(ジンバブエ)チャン・キム(米国)、星野陸也、大槻智春、金谷拓実、今平周吾が大舞台に挑戦する。

 香妻は、2年前の第1回ZOZOチャンピオンシップに主催者推薦で出場し、57位タイに終わった経験を持つ。今回は、ブリヂストンオープン最終日の上がり3ホール連続バーディーで2位タイに滑り込み、自力での出場となるだけに「全力で勝ちに行きますよ」と、鼻息も荒い。

 2年前に出場しているのは香妻だけではない。大槻(46位タイ)星野(51位タイ)今平(59位タイ)と、いずれも、優勝争いとは程遠い位置で、米ツアーのレベルの高さを痛感しているだけに、リベンジへの思いは強い。

 特に、その後、経験を重ねて日本ツアーを引っ張る立場にいる星野は、さらなるステップアップへのカギを求めてプレーすることになる。

 一方、大会初出場となる木下、金谷だが、すでにメジャーでのプレーも経験しており“ホーム”でのビッグイベントにも淡々と臨む構えでいる。思うように自分のゴルフができたとき、どの位置にいることができるのか。将来戦う米ツアーを思い描くうえでも、大切な一戦となるはずだ。

【写真】ツアーきっての最強カップルも!ZOZOチャンピオンシップに挑む顔ぶれを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/sugiyamatomoyasu_2021BSopen_PIC2021101016030156900039_M-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/kozumajinichiro_2021vantelin_PIC2021100316571471000081_M-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/10/kataokanaoyuki_JPCbySato_PIC2021050719233632200184_M-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/06/PIC2021062715535328900045_S_resize-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/vincent_2021ana_PIC2021091916110691400014_L-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/c_kim_2021vantelin_PIC2021100316553008700061_M-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/PIC2021042515253733100002_S-JGTOimages-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/otsukitomoharu_2021vantelintokai_PIC2021093020593206100082_M-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/GettyImages-1319249019金谷拓実21全米プロ-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/imahira_2021fujisankei_PIC2021090518261861200111_S-2-150x150.jpg

最新記事