石川遼欠場の三井住友VISA太平洋マスターズ 主役となるのは金谷か!?

米ツアー予選会から帰国後の不適切な行動により、石川遼が欠場することになった三井住友VISA太平洋マスターズ。秋のビッグトーナメントには寂しいスターの不在を埋めるのは、やはりこの男。アマチュア時代に同大会を制し相性の良い金谷拓実だ。

金谷拓実が思い出深い大会で2021年1勝目を狙う

◆国内男子プロゴルフ<三井住友VISA太平洋マスターズ 11月11日~14日 太平洋クラブ御殿場コース(静岡県) 7262ヤード・パー70>

 霊峰富士が見守る得意コースで、金谷拓実が賞金ランキング首位奪取も視野に入れた戦いをスタートさせる。

悔しい結果に終わった2021年全米プロでの金谷拓実 写真:Getty Images

 三井住友VISA太平洋マスターズは、11日、太平洋クラブ御殿場コース(静岡県)で開幕。残り4試合とシーズンも終盤を迎える中で、選手たちが激突する。

 注目は、まだアマチュアだった一昨年大会で優勝した金谷だ。プロになって連覇に挑んだ昨年は、残念ながら5位タイ。最終日も追い上げきれず、大接戦を香妻陣一朗が制するのを見ることしかできなかった。

 プロ初優勝は翌週のダンロップフェニックス。石坂友宏と4ホールのプレーオフにもつれ込んだ激戦の末のことだった。

 明けて2021年。シーズンは前年からの続きとなったが、初戦の東建ホームメイトカップで優勝。ナショナルチームの後輩であるアマチュア、中島啓太を振り切ってのものだった。

 5月からは全米プロ、メモリアルと米国でプレー。欧州でも全英オープンなどに出場して約2カ月、日本を離れた。残念ながらメジャー2試合と、ジャック・ニクラスがホストを務めるザ・メモリアルはいずれも予選落ち。シビアな現実に直面することになったが、その経験は決して無駄ではない。

悔しかった米ツアーでの経験が生き始めている

 8月に帰国後、出場した8試合のうち6試合はトップ10入り。日本で行われた米PGAツアーのZOZOチャンピオンシップも7位タイに入るなど、安定して上位には入っているが、優勝には手が届いていない。

 それだけに、ツアー初優勝を飾った思い出の今大会には気合が入る。現在約8767万円を稼いで賞金ランキング5位にいるが、約1319万円差で首位にいる木下稜介とは、初日から同じ組で回る。優勝賞金は3000万円。もちろん、木下やそれ以外の選手次第ではあるが、一発逆転の可能性もある。一昨年ランキング2位となったショーン・ノリス(南ア)も交えたプレーは、白熱したものになるはずだ。

 残るは今大会を入れて4試合。ディフェンディングチャンピオンの香妻、賞金王争いを繰り広げる木下、チャン・キム(米)星野陸也のプレーからも目が離せない。

【写真】男子ツアーで行われた世界一奇抜な表彰式を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/ikemura_2021ispshanda_PIC2021103118000011000144_M-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/handaharuhisa_2019NewZealandOlympicsCommitteeGalaDinner_GettyImages-1184751703-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/GettyImages-1319249019金谷拓実21全米プロ-2-150x150.jpg

最新記事