元賞金女王イ・ボミのシード落ちが確定 大王製紙エリエールレディスにはエントリーせず

2015、16年賞金女王のイ・ボミのシード落ちが確定した。伊藤園レディスで通算3オーバーの26位タイとなり、賞金ランキングは82位。次戦の大王製紙エリエールレディスにエントリーしていないため、同50位までに与えられる翌年のシード権を逃した。

自身最終戦を前に元賞金女王のシード落ちが確定

◆国内女子プロゴルフ<伊藤園レディス 11月12~14日 グレートアイランド倶楽部(千葉県) 6741ヤード・パー72>

 伊藤園レディスに出場した元賞金女王のイ・ボミは、3日間を通算3オーバーの26位タイで終えた。賞金ランキングは82位。

シード落ちが確定したイ・ボミ 写真:Getty Images

 同50位までに与えられる翌年のシード権獲得には、自身の最終戦となる大王製紙エリエールレディスで優勝する必要があった。

 しかし、ふたを開けてみると大王製紙エリエールレディスにエントリーしていないことが判明。

 つまり、今週の伊藤園レディスがイ・ボミの最終戦となったため、賞金ランキング82位(伊藤園レディス終了時)で今シーズンが終了した。メルセデス・ランキングも84位(同50位までシード獲得)となったため、次戦を待たずシード落ちが確定した。

 2020年と2021年シーズンが統合となったが、コロナ禍で入国が遅れ、今年は5試合連続予選落ちなどもあり、コンディションも上がらないままツアーで戦っていた。

 イ・ボミは11年に日本ツアー初参戦し、1年目からシードを獲得。15、16年には2年連続賞金女王となり、人気も絶頂期を迎えた。

 18年から勝利から遠ざかり、賞金ランキング83位で初めてシードを落としたが、賞金女王による3年シードを行使。2019年は賞金ランキング21位でシード復帰を果たすも、今季(2020-21)は28試合に出場してトップ10入り1回に対して予選落ちは11回と、不調から脱出できなかった。

 イ・ボミは「今年で終わりというのは頭にない」とはっきりと語っており、引退はまだ考えていないという。

 来季出場権を獲得するには、クオリファイングトーナメント(QT)・ファイナルステージ(11月30日~12月3日、静岡県・葛城ゴルフ倶楽部・宇刈コース)に挑戦しなければならないが、果たして……。

来シーズンからなかなか見られない? 試合やプライベートなどイ・ボミ写真をもっと見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/bomee_S__99188741-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/bo-mee_2021suntory_GettyImages-1322966398-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/bo-mee_1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/02_bo-mee_2021earth_GettyImages-1325360527-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/bo-mee_3-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/S__100515844-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/S__100081685-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/1635226131267-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/1635226138642-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/GettyImages-1348032014-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/bomeelee_2021itoen_GettyImages-1353141594-2-150x150.jpg

最新記事