同一シーズン連覇&ルーキー賞金王に挑む金谷拓実に注目【ダンロップフェニックス開幕】

タイガー・ウッズや松山英樹も歴代優勝者に名を連ねるビッグトーナメント「ダンロップフェニックス」がいよいよ開幕する。昨年の覇者・金谷拓実は同一シーズン連覇という史上初の快挙に挑む。

金谷、木下、星野など僅差になっている賞金王争いも熱い

◆国内男子プロゴルフ<ダンロップフェニックス 11月18~21日 フェニックスカントリークラブ(宮崎県) 7042ヤード・パー71>

 金谷拓実が、ルーキー賞金王に向けて連覇を狙う。

ルーキー賞金王のためにも連覇を果たしたい金谷拓実 写真:JGTOimages

 18日開幕のダンロップフェニックス(宮崎県・フェニックスCC)に向けて15日、現地入りした金谷は、宮崎空港でディフェンディング・チャンピオンならではの歓迎を受けた。

 翌週、宮崎CCで行われる女子ツアー最終戦、JLPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップと併せて11月を“宮崎ゴルフマンス”としてPRする地元の気持ちの表れだ。空港はゴルフ一色。メジャー王者が何人もいる歴代優勝者に並んだことを改めて実感した。

 無観客開催だった昨年大会は、石坂友宏との“大学生プロプレーオフ”。4ホールの激戦を制して、プロデビューから3試合目で優勝を飾っている。前年、アマチュアのまま三井住友VISA太平洋マスターズを制しているとはいえ、プロとしてやっていく自信がついた1戦だった。

 コロナ禍における苦肉の策として2020‐21年はロングシーズンとなっている。そのため、昨年開催された試合の勝者は、“1シーズンのうちに大会を連覇する”という異例のチャンスに恵まれている。

 まだ達成した者はいないが、金谷は先週の三井住友VISA太平洋マスターズでも2位と好調なだけに、ツアー史上初の記録にも挑むことになる。

 三井住友VISA太平洋マスターズでは、谷原秀人に1打及ばず2位となったものの、賞金1500万円を加えてシーズン獲得賞金は1億267万7355円。木下稜介を抜いて賞金ランキング首位に躍り出た。

 シーズンは今大会を入れて残り3試合。2年にわたるロングシーズンとあって、“ルーキー”のまま賞金王に最も近い位置にいる。タイトルが取れれば13年の松山英樹に続く快挙とあって、気合が入る。

残り3戦! 賞金王を争う選手たちの獲得賞金額と写真をチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/07/kinoshita_theopen-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/PIC2021042515253623300001_S-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/c_kim_2021vantelin_PIC2021100316553008700061_M-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2029/11/inamoriyuki_2021theopen_GettyImages-1329056985-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/kanayatakumi_2021VISAtaiheiyo_PIC2021111418153444800193_M-2-150x150.jpg

最新記事