稲見萌寧と西村優菜が口にした初優勝・西郷真央の“スゴさ”とは | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

稲見萌寧と西村優菜が口にした初優勝・西郷真央の“スゴさ”とは

2022年シーズン開幕戦を制したのは20歳の西郷真央だった。通算10アンダーでの逆転優勝。ライバルたちは西郷の実力にどのような印象を持っているのか。

西郷の強さは「ショットの安定感」

◆国内女子プロゴルフ<ダイキンオーキッドレディス 3月3~6日 琉球ゴルフ倶楽部(沖縄県) 6590ヤード・パー72>

 国内女子ツアーの開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」でツアー初優勝を果たした西郷真央。

 昨季は優勝こそなかったが、2位7回を含むトップ10入りが21回、賞金ランキング4位とルーキーながら存在感は抜群だった。師匠であるジャンボ尾崎から指導を受けていることも、スケールの大きさを感じさせてくれるが、悲願の初優勝は彼女にとってはまだ通過点に過ぎない。

初優勝の西郷真央を祝福する稲見萌寧 写真:Getty Images

 これからどんどん成長していく西郷の実力を、ライバルたちはどのように見ているのだろうか。

 今大会を単独3位で終えた“プラチナ世代”の西村優菜はこう語る。

「去年も何回か回らせてもらいましたけど、ショットの安定感もすごかったし、強いプレーヤーなので勝ったことに驚きはありません。本当におめでとうと言いたいです。これからもたくさん勝っていく選手だと思います」

 昨季賞金女王の稲見萌寧は、今大会を10位タイで終えた。昨年は西郷と何度も優勝争いをしており、間近でプレーみたからこそ、そのうまさが分かっている。

「去年もそうでしたが、いつ勝ってもおかしくない選手。アマチュアのときから一緒に練習をさせてもらっていますが、本当に安定している。ショットメーカーでもありますし、最初の2日間を回っていても、アプローチがいいイメージだったので、難しいところにいってもパー取れたりとか、ピンについたときにはちゃんとパターが入る。入らなくてもショットがそこそこいいところにいくので、パーかバーディーのゴルフがずっとできていました。なので、(優勝したのは)特に驚きはなくて、やることをやって、当り前のように勝ったという感覚です」

 稲見は西郷がいつ勝ってもおかしくない選手と認める。この先も優勝を重ねるライバルになることは間違いない。

 ただ、稲見は「(西郷選手は)もちろん優勝争いをする選手なんですけれど、今は自分との戦いが一番です」と、あくまでも自分のやるべきことに集中すると語っていた。

 まだシーズンは始まったばかりだが、若い世代の戦いから目が離せない。

この記事の画像一覧へ(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/02/E25W2544-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/E25W2549-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/E25W2553-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/E25W2557-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/02/E25W2562-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/saigo_inami_2022daikin_GettyImages-1380976598-2-150x150.jpg

最新記事