「身長高くて彼氏がみつからない」177センチでプロ8年目の中国人“ルーキー”フォン・スーミンって誰?

ヤマハレディースオープン葛城の2日目、リーダーボードに「フォン・スーミン」の名が挙がった。昨年のプロテストに合格した中国選手で、昨季のステップ・アップ・ツアーでも初優勝を経験。2015年から米ツアーでもプレーしている。どんな選手なのか?

新人離れした小技のうまさ

◆国内女子プロゴルフ<ヤマハレディースオープン葛城 3月31日~4月3日 葛城ゴルフ倶楽部 山名コース(静岡県) 6590ヤード・パー72>

 昨年のプロテストに合格した中国人のルーキー、フォン・スーミン。日本では“新人”とはいえ、1995年生まれで4月7日には27歳を迎えるプロ8年目の選手でもある。

177センチと群を抜く長身のフォン・スーミン 写真:Getty Images

 今季のQTランキングは86位で、レギュラーツアー出場は限られているが、今大会は主催者推薦で出場。大会2日目を3バーディー・2ボギーの71で回り、通算5アンダーの5位タイに浮上した。

「前半は悪天候の影響を受けてリズムが崩れたのですが、後半は天候も回復してショットも良く、いいリズムでプレーできました」

 彼女の特徴は“見た目”にある。日本ツアーの女子選手では群を抜く177センチの高身長。それだけにドライバーの飛距離が出るのかと思いきや、「私は見た目と全然違います」と笑う。

「背は大きいのに飛距離はあまり出ないんです。ウェッジが得意で、それでスコアがまとまりました」

 今日の3つのバーディーはすべてウェッジできっちりとピンに寄せた。難コースと言われる葛城GCだが、小技のうまさは場数を踏んできた証拠で、“新人ばなれ”していた。

アマで日本ツアー出場の過去

 実は2015年から5年間を米女子ツアーで過ごしている。17年までLPGAツアー、18、19年をシメトラツアーでプレーし、様々なコースで経験を積んだ。

「米ツアー時代はフォン・シャンシャン選手と一緒に行動したり、アドバイスをもらったりしていました」

 米ツアーでは優勝できず、次に戦いの場を求めたのは日本。20年に来日し、ステップ・アップ・ツアーに出場。21年にはユピテル・静岡新聞SBSレディースで初優勝。同年のプロテストにも合格した。

 日本ツアーを選んだ理由については、「11年のサントリーレディスにアマチュアで推薦で出場しました。横峯さくらさんと同じ組で回ったのですが、すごくギャラリーが多くて、雰囲気もすごく良くて、いつかここでプレーしたいと思っていました」と語る。

 憧れの日本選手は大山志保だという。アマチュアで出場したサントリーレディスの練習ラウンドで一緒に回ったのがきっかけだ。

「大山さんのいろんな記事を読んで、成績も良くて長く続けている姿に感動しました。私もそんな選手になりたい」

 通訳を介しての取材だったが、海外ツアー生活が長いせいか、メディアの対応もそつなく慣れたもの。

 身長が高くて良かったこと、損をしたことについて聞くと「下半身が不安定なのと彼氏が見つかりにくいこと」と言って、笑いを誘った。

 目標は「出場できる試合でベストを尽くすこと」と謙遜するが、レギュラーツアー初優勝を夢見ている。

フォン・スーミン

1995年4月7日生まれ、中国・広西出身。2015年から米国でツアーデビュー。21年に日本のプロテストに合格し、QT順位は86位。ステップ・アップ・ツアーでは、21年にユピテル・静岡新聞SBSレディースで優勝している。

【写真】プロテストに合格したフォン・スーミンのスーツ姿を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2023/04/SiminFeng_protest_GettyImages-1325522922-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/SiminFeng_2022yamaha_GettyImages-1388860410-2-150x150.jpg

最新記事