3連続ボギーで失速!無敵状態の西郷真央に何が!?「自分が思っているショットは打てていた」

今季5試合で3勝している西郷真央が、初日4バーディー、3ボギーの71で回り27位発進となった。西郷には珍しい後半の3連続ボギー。一体何があったのか?

少しのミスがボギーにつながる難しい状況

◆国内女子プロゴルフ<富士フイルム・スタジオアリス女子オープン 4月8~10日 石坂ゴルフ倶楽部 (埼玉県) 6475ヤード・パー72>

 今季開幕から5試合で3勝と圧巻の強さを見せつけている西郷真央。富士フイルム・スタジオアリス女子オープンの初日も前半から安定したゴルフを見せた。

前半は前評判通りの強さを見せつけた西郷真央 写真:Getty Images

 4番パー4、5番パー4で連続バーディー、8番パー4でもバーディーを難なく奪取。後半の10番パー4でもスコアを伸ばして、一気に上位へ。

 このまま残りのホールでもスコアを伸ばすと予想されていたが、14番パー4からまさかの3連続ボギー。一体何があったのだろうか?

「最初(14番)は段の下から3パット。2つ目(15番)は奥のカラーから3パットで、もう1つ(16番)はグリーンの段に当たって落ちてきて、アプローチを寄せられずボギーでした」

 西郷はボギーの原因を「風の影響によるミスショット」と分析する。

「前半は思ってる以上に上出来なプレーができたのですが、後半は風も出てきて、少しのミスがボギーにつながる難しい状況が多くて、スコアを伸ばすことができませんでした。結構、風が舞ったりタイミングによって強さもかなり変わったりして、今日は難しい1日でした。自分が思っているショットが打てる回数は増えていたので、自信持っていきたい」

 とはいえ、アンダーパーでのラウンドで順位は27位タイ。首位の大里桃子とは5打差だが「明日も引き続き自分の納得がいくショットを打っていきたい」と巻き返しを狙う。

西郷真央(さいごう・まお)

2001年10月8日生まれ、千葉県出身。2019年、高校在学中にプロテスト合格。2020-21年シーズンはトップ10フィニッシュが21回と安定した成績を残した。2022年シーズンは開幕戦で初優勝を挙げると、4戦目となるアクサレディス、5戦目のヤマハレディースと連勝、早くも3勝目を挙げた。島津製作所所属。

【写真】共にジャンボ邸で研鑽を積んだ西郷真央と原英莉花の着物&ドレス姿

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/02/saogomao_2021award_GettyImages-1360135904-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/haraerika_2021JLPGAaward_GettyImages-1360129571-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/12/2021JLPGAaward_GettyImages-1360134910-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/saigomao_2022daikin_GettyImages-1377056465-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/saigo_2022axa_GettyImages-1387927845-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/saigomao_2022YAMAHA_GettyImages-1389259880-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/saigomao_2022studioalice_GettyImages-1390195780-2-150x150.jpg

最新記事