「夢に見た」ホールインワンを実際に達成した藤田さいき 「優勝も夢に見ている」

フジサンケイレディス初日。最難関と呼ばれる川奈名物の17番パー3でいきなりホールインワンが達成された。

本当に「夢」で見ていた川奈名物17番でのホールインワン

◆国内女子プロゴルフ<フジサンケイレディスクラシック 4月22~24日 川奈ホテルゴルフコース 富士コース(静岡県) 6447ヤード・パー72>

 鮮やかなストレートボールが風でやや右に流され、ワンバウンドしてカップに吸い込まれる。ホールインワンだ。藤田さいきが「夢にまで見た」ホールインワンを、現実のものにした。

川奈名物の17番180ヤードのパー3で見事なホールインワンを達成した藤田さいき 写真:大会提供

 女子ツアー、フジサンケイレディス初日(静岡・川奈ホテルGC富士コース)は、高橋彩華が8アンダーで単独首位に立ったが、藤田は、500万円がかけられた名物パー3の17番でツアー6回目のホールインワンを達成。これが効いて4アンダー、ツアー通算6勝目が見える位置で初日を終えた。

「夢にまで見た」は、決して例えではない。これが通算6回目のツアータイ記録となった藤田は、何度もホールインワンの夢を本当に見ている。

 なかでも、大会の舞台で2年に1度の『世界のゴルフ場100選』に入る川奈の名物ホール17番(通常は16番)と特定できるシーンの夢を見たことも、具体的にはっきりと記憶している。2013年大会で下川めぐみがホールインワンして、過去のキャリーオーバーも含めた800万円を獲得した後、さほど時間が経たない頃のことだ。

 海をバックにしたティーイングエリアからは、打ち上げていく砲台グリーンの面は見えない。風の読みも難しく、手前に落とすと約5メートルの高さの打ち上げのアプローチが残る。

 藤田も「何度もガケに落として辛い思いをしたあそこでのホールインワンはあこがれていました。今日は6番アイアンでしたが、夢は5番アイアン。はっきりと覚えています」

「今日のは(夢と)よく似ていました。私はドローヒッターなのに、今日はストレートに出て、風に流されてフェードっぽかった。(ボールが砲台グリーンの見えない部分に)消えたのは見えました。大歓声でしたけど、これで入っていないといけないと思って、はしゃがないようにしたつもりですけど、結構はしゃいでたと思います」と笑って振り返る。

 ツアー5勝目の富士通レディスからは11年が経ち、36歳になった。その間、シード落ちも経験したが、ロングシーズンとなった昨季、賞金ランキング28位でシードに復帰している。

 そのエネルギーはどこから来るのか。「いつか優勝できるというモチベーションでやっています。優勝の夢も見るんです。最後に優勝した時も、その前に優勝する夢を見ました。その後も何度も優勝カップを掲げている夢を見るのに、11年勝てていない」と苦笑する。

 だが、どんどん若手が入ってきて入れ替わりの激しいツアーで、シード選手として戻ってきた気持ちの強さが、ツアー屈指なのは間違いない。夢に見るほど欲している次の優勝を現実のものにするために、藤田は戦い続ける。

実は大物だらけ! 藤田さいきと同じ1985年度生まれの女子プロたち

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/yokominesakura_2021sumitomo_GettyImages-1341234658-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/miyazatoai_2017suntory_GettyImages-694445990-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/04/fujitasaiki_2022fujisankei_GettyImages-1392868412-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2023/04/大会提供写真:藤田さいき②-2-150x150.jpg

最新記事