青木瀬令奈が単独2位浮上!「『センターおばさん』と言いながら常に真ん中を意識して攻めた」

青木瀬令奈が2日目に5バーディー、1ボギーの68で回り、通算5アンダーの単独2位に浮上した。決勝ラウンドでも「今日と同じように攻略していきたい」と意気込んだ。

「セーフティーが最大の攻め」

◆国内女子プロゴルフ<ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ 5月5~8日 茨城ゴルフ倶楽部 西コース (茨城県) 6680ヤード・パー72>

 15位タイから出た青木瀬令奈だったが、インスタートの12番パー5で幸先よくバーディーを奪取。14番パー4をボギーとしたが、17番パー5と18番パー4では連続バーディー。後半に入ると3番と5番のパー5をバーディーとし、5バーディー、1ボギーの完璧な内容で、単独2位に急浮上した。

この日のベストスコア68をマーク、一気に上位進出を果たした青木瀬令奈 写真:Getty Images

 この日4つのパー5ですべてバーディーを奪ったベテランは、コーチの大西翔太氏との攻め方をしっかりと話し合っていた。

「昨日今日ともにセーフティーが最大の攻めと思いながら、コーチと共に『センターおばさん』と言いながら、真ん中を常に意識しながら攻めていました。ボギーになりそうなところは、割り切ってボギーでいいやって感じでやっていた。特にロングホール以外はセンター狙い、ロングホールならピンに狙っていこうと話していました」

 狙い通りのコースマネジメントで、この日4つスコアを伸ばした青木。今季はトップ10入りが2度あり、調子も少しずつ上がってきている。

「ショットは試合で一打一打、しっかりと気持ちで打てている部分が大きい。パッティングは試合でちゃんと入ってくれているので、自分なりにいいワンパットが決め打ちできていると思います」と好調ぶりをアピールしていた。

 ツアー通算2勝の青木も今年で29歳。今ではベテランの風格もあり、これまでの経験で積み上げてきた確かな技術で、メジャーの難しいセッティングを攻略している。まだメジャー優勝はないが、ここまで来たからには優勝に大きく前進したいところ。

「明日、明後日があるので、まだわからない。明日は天気も崩れるようですが、今日と同じように攻略していきたい」

 今日のような落ち着いたプレーができれば、メジャー制覇が大きく近づくに違いない。

青木 瀬令奈(あおき・せれな)

1993年2月8日生まれ、群馬県出身。2020-21シーズン「宮里藍サントリーレディス」で4年ぶりとなるツアー2勝目を挙げた。さらに、コース外でもJLPGAプレーヤーズ委員長として選手と協会の「つなぎ役」として尽力している。

大西翔太コーチの「スライス撲滅レッスン」をチェック

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/05/DSC_1834-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/05/DSC_1836-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/05/DSC_1865-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/05/DSC_1811-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/05/DSC_1861-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/05/GettyImages-1395685167-2-150x150.jpg

最新記事