「リランキングは気になるけど気にしない努力を」 木戸愛が“フル参戦”へ大切な一日を振り返る

国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」。木戸愛が6バーディー、ノーボギーの66で回り、通算7アンダーで2日目を終了。暫定リランキング33位の木戸にとっては大事な一日となった。

「強気のパットができるように言い聞かせて」

◆国内女子プロゴルフ<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン 9月23~25日 利府ゴルフ倶楽部(宮城県) 6491ヤード・パー72>

 ツアー通算1勝の木戸愛にとって、今週の「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」は大事な一戦。それは、通年のシード権を持たない選手の出場優先順位を見直す、第2回リランキングが今週実施されるからだ。

通算7アンダーで2日目を終えた木戸愛 写真:Getty Images
通算7アンダーで2日目を終えた木戸愛 写真:Getty Images

 シード選手ではない木戸は今季、QTランキング50位からスタート。第1回リランキングを29位としてツアー出場権を手に入れた。現在の暫定リランキングは33位。

 残りの試合に出場するには、第2回リランキングで25位前後に入らなければならないため、予選通過は必須。とにかく上位フィニッシュして、メルセデス・ポイントを稼ぐ必要がった。

 初日は1アンダーの71で回り、42位タイ。2日目はショットとパットにキレが戻った。

 1番パー4、2番パー5を連続でバーディーを奪うと、4番パー3、8番パー5でもバーディー。後半の10番パー4で、11メートルのフックラインを読んでスコアを伸ばし、14番パー5でも4メートルのバーディーパットを沈めた。

 6バーディー、ノーボギーの66。通算7アンダーで2日目を終えた。

「風はそこまで気にならず良いゴルフができました。我慢のゴルフでしたが、今日はパッティングが入ってくれました」

「パットはショートすることが多かったので、オーバーするような強気のパットができるように言い聞かせていました。若い時のほうが思い切りは良かったと思います(笑)」

 ボーダーライン上にいるリランキングについても「気にはなるけれど、気にしない努力はしています。とにかくベストを尽くすことに集中して、一つでも上を目指して頑張りたい」と笑顔を見せた。

木戸 愛(きど・めぐみ)

1989年12月26日生まれ、神奈川県出身。172センチという恵まれた身長を生かしたダイナミックなゴルフで、多くのファンを魅了。2012年「サマンサタバサレディース」で念願の初優勝を果たす。今シーズンはシード復帰を目指す。所属はフリー。

【写真】木戸愛がプロレスラーの父・修との“超貴重”親子ショットを公開 「キドクラッチ!」
1 2

最新記事