馬場咲希が今季初のレギュラーツアー連戦「先週の悔しさ晴らしたい」

先週開催の富士通レディースでベスト(ロー)アマチュア(49位タイ)を獲得したアマチュアの馬場咲希が、明日開催のNOBUTA GROUPマスターズGCレディースに推薦で出場する。プロトーナメントで初の連戦に「とにかく楽しみ」と意気込む。

車中泊も「疲れは特にない」

◆国内女子プロゴルフ<NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 10月20~23日 マスターズゴルフ倶楽部(兵庫県)6585ヤード・パー72>

富士通レディースでは見事ローアマに輝いた馬場咲希 写真:Getty Images
富士通レディースでは見事ローアマに輝いた馬場咲希 写真:Getty Images

 富士通レディースで49位タイとなり、ローアマチュアを獲得した馬場咲希(代々木高2年)。明日から開幕するNOBUTA GROUP マスターズGCレディースに推薦出場で、今年初めてのレギュラーツアー連戦となる。

 先週は試合後に一旦帰宅してから、午後10時半に父と車で移動。翌17日月曜日の昼に兵庫に到着。車中泊となったが「ずっと寝ていて一度も起きなかったです。疲れは特にないです」と笑う。

 富士通レディースでは初日、2日目はアンダーパーで回ったが、最終日は「75」。「悔しさが残る」と振り返るが、予選を通過してローアマチュア獲得は立派。ここまでレギュラーツアーに5試合出場したが、確実に成長している。

「私が今まで出ていた試合とはピンの位置やグリーンコンディションが違うので、プロの試合は学ぶことが多いです」

 そして、楽しみにしていたという今大会。「出たい試合だったので、推薦してもらってうれしい。この大会は私がテレビで見ていた時にイ・ボミさんがとても強かったので、とても印象のある試合。とにかく予選通過が目標。先週の悔しさを晴らしたい」と意気込む。まずは予選通過から上位フィニッシュを狙う。

馬場 咲希(ばば・さき)

2005年4月25日生まれ、東京都出身。父親の影響で5歳からゴルフを始める。東京都ジュニアゴルフ選手権(18年)、関東ジュニアゴルフ選手権(19年)、東京都女子アマチュアゴルフ選手権(21年)などで優勝。175センチの長身で、270ヤードのドライバー飛距離が武器。今年は全米女子オープンに予選会を経て出場し、決勝ラウンドに進んで49位。8月の全米女子アマでは、日本勢として85年の服部道子以来、37年ぶりとなる快挙を成し遂げた。

【動画】馬場咲希が見せた522ヤード“衝撃”の2オン
1 2

最新記事