シャフトの硬さって何?失敗しないクラブの選び方とは

ゴルフクラブはシャフトの硬さ(フレックス)によって、打球の質が変わるとされています。また硬さ以外に重要なシャフトの構成要素もあります。自分に適したシャフトを選ぶには、どのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。

ゴルフクラブのシャフトの硬さ(フレックス)とは

 ゴルフクラブのシャフトを評価する上で重要な要素の一つに挙げられるのが、フレックスという指標です。これはシャフトの硬さを表すもので、柔らかいものから順に、L、A、R、SR、S、Xと表記されます。メーカーやモデルによっては、AとRの間にR2が入ったり、Xより硬い記号としてXXやTXが用いられたりすることもあります。

イメージ 写真:shutterstock

 シャフトを選ぶ際には、自分に合ったフレックス(硬さ)を選択することが大切です。フレックスは要するにシャフトのしなり具合、たわみ具合であり、これが自らのスイングと調和するかによって、飛距離や方向性、打球角度が変わってくるとされています。シャフトの剛性の違いがヘッドスピード、もしくはフェース向きやインパクトロフトに影響するという研究結果もあり、フレックスが打球のパフォーマンスに関わってくることは確かです。

 同じ人が同じようにクラブを振る場合、シャフトが硬いクラブのほうがしなりが抑えられるため、クラブの操作はしやすいといえます。

 一方、シャフトが柔らかくなればなるほど、しなりが大きくなって操作は難しくなりますが、インパクトの際に大きなしなり戻りを利用してヘッドスピードをアップさせることが可能です。しなり戻りを活かせばヘッドスピードを増大させられることは、『個人のスイング特性に応じたゴルフシャフトの最適設計』という論文でも言及されています。

 ちなみにシャフトの硬さを表すフレックスには、注意点もあります。それはフレックスには画一的な表記法が存在せず、メーカーやモデルによって実際の硬さにはばらつきがあるということです。同じRフレックスのシャフトでも、製品が変われば硬さが違ってくる可能性があるので、フレックスの表記を鵜呑みにすることに対して警鐘をならす声も少なくありません。

 なお、フレックスにはこのような曖昧さがあることから、独自に硬さの表記を用意するメーカーもあります。

 例えば、「Miyazaki」というブランドでは、「インターナショナルフレックスコード」と呼ばれる表記が採用されています。これはシャフトを4分割して考え、それぞれのパーツの硬さを1から9の数字で表したものです。具体例を出すと、8888は全体的に硬いシャフト、4577は持ち手のほうは比較的柔らかく、ヘッド方向に進むむにつれてだんだん硬くなっていくシャフトを意味します。こういった具合に細かくシャフトの硬さがわかるので、より細密に自分に適したクラブをセッティングできます。

 また「PRGR」では、硬いほうからM-46、M-43、M-40、M-37、M-35、M-34、M-30というフレックス設定がなされています。これはゴルファーのヘッドスピードに合わせて決められたオリジナルの基準です。

シャフトの選び方とは

この記事の画像一覧へ(2枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/クラブ 画像1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/クラブ 画像2-150x150.jpg
1 2

最新記事