「パワーヒッター=硬い」「非力=柔らかい」は大間違い!? 初心者はシャフトの硬さをどう選ぶべきなのか | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

「パワーヒッター=硬い」「非力=柔らかい」は大間違い!? 初心者はシャフトの硬さをどう選ぶべきなのか

ゴルフクラブを購入する際には、シャフトの硬さや重さを選ぶ必要があります。「パワーがある人は硬いシャフトが良い」という言葉をたまに耳にしますが、自分にあったシャフトはどのような基準で選ぶべきなのでしょうか?

ヘッドスピードが速くても球がつかまらない人は柔らかいシャフトがいい

 これからゴルフを始めようと考えている人は、ゴルフクラブやキャディーバッグ、ウエアやシューズなど買い揃えるものが多く、メーカーや種類も豊富なので、どの商品を選択するかは悩むところです。

ヘッドスピードの遅い速いだけでシャフトの硬さは決められません

 特にゴルフクラブに関しては、初心者ゴルファーが自力で自分にあったゴルフクラブを探すのは至難の技です。

 ゴルフクラブには「シャフト」というグリップとヘッドをつなぐ棒状の部分があります。シャフトはスイング時にしなりを使ってボールを飛ばすことに加えて、硬さや重さによってスイングを安定させたり、方向のバラつきを抑えたりする効果があります。

 こんなふうにスイングに影響を与えるシャフトですが、初心者ゴルファーにはそれがどう作用するのかイメージがつきづらく、自分に最適なシャフトをどのように選べばいいのか見当もつかない人もいるかもしれません。

 クラブフィッティングも行うレッスンプロの関浩太郎氏は、自分に合ったシャフトの選び方について以下のように話します。

「結論としては、自分が打ったボールが右に行きやすいのか、左に行きやすいのかでシャフトの硬さや重さを選ぶと良いです。一般的に、量販店などでフィッティングを行うと、ヘッドスピードが速ければ速いほど硬いシャフト、ヘッドスピードが遅ければ遅いほど柔らかいシャフトを選びがちですが、ヘッドスピードとシャフトの硬さはさほど関係ありません」

 一般的な認識からするとかなりの衝撃発言ですが、正確にはどういう意味なのでしょうか?

「シャフトは、柔らかければ柔らかいほどプレーヤー側から見て、逆『く』の字に曲がってボールに対して入っていきます。つまり、フェース面が左上を向きやすい状態になります。そのため、右のミス(スライス)が出やすい人は、現在使用しているシャフトよりも柔らかいものを使用するとミスを減らしやすいです。同様に、左のミス(フック)が出やすい人は、現在使用しているシャフトよりも硬いものを使用するとミスを減らしやすいと言えます。柔らかいシャフトは球がつかまりやすく上がりやすいといった特徴、硬いシャフトは球がつかまりにくく、球が上がらないという特徴があります」

 このように、たとえ自身のスイング自体に問題がなかったとしても、シャフトが合っていない場合はミスショットが起こりやすくなるため、非常に重要な役割を担っていることが分かります。

野球経験者が硬いシャフトを使ってスライスから抜け出せなくなることも

 野球経験者など比較的パワーがあるとされている人は、ゴルフ経験者から「シャフトの硬いクラブを選んだほうが良い」とアドバイスされがちですが、この理論は間違っているのでしょうか?

「パワーがあってヘッドスピードが速いと、硬いシャフトを選びがちですよね。だから、野球経験者などは当然のように硬いシャフトを選んでスライスが多くなりがちなんです。まずは方向性が大事になので、ヘッドスピードやパワーがあったとしても柔らかめのシャフトを選んだほうが良い場合もあります。選ぶ手順としては、シャフトの硬さで左右のブレを調整して、ヘッドスピードの速さでシャフトの重さを決めるべきです。たまに『硬いシャフト=重い』と勘違いしている人もいますが、そんなことはありません」

 昔はシャフトを硬くしようとするほど重量も重くなってしまったようですが、最近は製造技術の進化によって硬くても軽いシャフトがつくれるようになってきました。

 つまり、シャフトの硬さは球筋の左右へのぶれ具合で決めて、シャフトの重さをヘッドスピードの速さで決めると良いということです。女性ゴルファーは、柔らかいシャフトが良いという先入観がありますが、同様の理由で必ずしもそうとは言えないということです。

 このように、シャフトの硬さは球筋を見て決めると、ボールが真っすぐに飛びやすくなるでしょう。自分に合ったクラブはスコアアップにつながりますし、何よりゴルフが楽しくなります。

税込み8万8000円の「今、地球上にある材料で最高に飛ぶシャフト」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/03/DAYTONA-SPEEDER-X-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/IMG_3540-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/IMG_3054-2-150x150.jpg

最新記事