世界No.1へ一気に駆け上がったS・シェフラーのアイアンは「スリクソン」と「タイガーモデル」のコンボ

1カ月半のうちに米PGAツアーで3勝を挙げ、一気に世界ランキング1位に上り詰めたスコッティ・シェフラー。25歳のライジングスターはどんなクラブを使っているのでしょうか?

ナイキの名器を捨てて「ステルス」の3番ウッドに

 先週のWGC-デルテクノロジーズ・マッチプレーで優勝し、ツアー初優勝からわずか1カ月半のうちに米PGAツアー3勝を挙げて世界ランキング1位となったスコッティ・シェフラー。同選手は2019年の下部ツアーで賞金王となりPGAツアーに昇格すると、19-20年シーズンに新人賞を獲得。21年にはライダーカップのメンバーに選出されました。新・世界ランキング1位となった25歳のクラブセッティングを見ていきましょう。

テーラーメイド契約ながら、ロングアイアンはスリクソンを愛用するスコッティ・シェフラー 写真:Getty Images

 プロ転向後の約4年間クラブ契約フリーだったスコッティ・シェフラーは、今年2月にテーラーメイドと複数年契約を発表しました。ちなみに契約前からテーラーメイドの「ステルスプラスドライバー」や「P7TWアイアン」を使っており、契約した後も同じクラブを使い続けています。

 一方で変更したのが3番ウッド。ツアー2勝目を飾った3月1週の「アーノルドパーマー招待」まではナイキの「ナイキVRプロ」を使っていました。このクラブは12年にナイキから発売されたクラブで、当時タイガー・ウッズなども使っていた名器。シェフラーはプロ転向以降、この3番ウッドをずっと使い続けていましたが、3月4週の「WGC-デルテクノロジーズマッチプレー」では、最新モデルの「ステルス」に変更していました。

 ちなみに「ナイキVRプロ」のロフトは13.5度でしたが、「ステルスプラス」は16.5度。ツアープロは3番ウッドを飛距離と高さで選びますが、ロフトを増やしたのは「ステルスプラス」はロフトを大きくしても飛距離が出せるということ。また最新モデルと比べると10年前の「ナイキVRプロ」はスピン量が多かったこともあり、13.5度でも「ステルスプラス」の16.5度の高さまで上がったのでしょう。

ロングアイアン系はスリクソンに信頼感

 もう一つ注目したいのが、テーラーメイドとクラブ契約を結んで以降も「スリクソン」のクラブを2本入れていること。それがアイアン型ユーティリティ「スリクソンZ U85」の3番(ロフト20度)と「スリクソン ZX7」の4番アイアンです。ちなみに4番アイアンに関しては「スリクソンZX7」以前も「スリクソンZ785」を使っていたので、ロングアイアンは「スリクソン」を好んでいるようです。

 ウェッジとパターもテーラーメイド以外のモデルを使っています。ウェッジはタイトリストの「ボーケイ・デザインSM8」の50、56、60度、パターは「スコッティ キャメロン スペシャルセレクトGSSプロトタイプ」を使っています。そしてボールも「プロV1」を使っていて、ショートゲームとボールはタイトリスト系で揃えているようです。

 まだテーラーメイドと契約したばかりですが、世界ランキング1位となり、今後はどのようにセッティングが変化していくかにも注目が集まっています。

スコッティ・シェフラーの最新セッティング

ドライバー     ステルス プラス(8度 シャフト/フジクラ ベンタスブラック-7X)

フェアウェイウッド ステルス プラス(3W/16.5度 シャフト/フジクラ ベンタスブラック-8X)

ユーティリティー  スリクソン Z U85(3U/20度 シャフト/N.S.PRO モーダス3ハイブリッドツアー-X)

アイアン      スリクソンZX7(4I シャフト/シャフト/トゥルーテンパー ダイナミックゴールドツアーイシュー-X100)

アイアン      テーラーメイド P7TW(5I-PW シャフト/トゥルーテンパー ダイナミックゴールドツアーイシュー-X100)

ウェッジ      タイトリスト ボーケイSM8(50度、56度、60度 シャフト/トゥルーテンパー ダイナミックゴールドツアーイシュー-S400)

パター       スコッティ キャメロン スペシャルセレクト タイムレスツアータイプ GSS プロトタイプ

【写真】世界No.1も使うステルスシリーズの様々な角度の画像

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth_3Q_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth_3QR_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth_ADR_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth_FCE_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth_TOE_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth-HD_3Q_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth-HD_3QR_v2-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth-HD_ADR_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth-HD_FCE_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth-HD_TOE_v2-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth-Plus_3Q_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth-Plus_3QR_v2-2-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth-Plus_ADR_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth-Plus_FCE_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/01/TM22MWD_Stealth-Plus_TOE_v1-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/03/scheffler_2022dellmatchplay_GettyImages-1387848941-2-150x150.jpg

最新記事