操作性やスピン性能より大事なこととは!? “単品ウェッジ”の選び方

ゴルフショップには「単品ウェッジ」が沢山並んでいますが、インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチは「初心者&中級者だって単品ウェッジの投入はメリットがあります」と言います。何を基準にウェッジを選べば良いのか?初心者&中級者にとってメリットを実感できる選び方を聞きました。

初心者&中級者だって“単品ウェッジ”はアリ

 現代の人気&定番のアイアンセットは、ダンロップ「ゼクシオ12」やヤマハ「UD +2」のようにSWまで同じ仕様でそろえられるモデルもあれば、タイトリスト「Tシリーズ」やミズノ「プロ」のようにPWくらいまでのラインアップモデルもあります。

人気の“単品ウェッジ”は初心者&中級者にとってもメリットは多い

 実は、昔のアイアンはフルセットで販売されていましたが、今はゴルファー自身でセッティング出来るようにウェッジを別途購入できます。その一方で、初心者&中級者ゴルファーのみなさんから「どう選べば良いの?」の相談も受けるようになりました。

 先に結論を言ってしまうと、“単品ウェッジ”は必ずしもプロや上級者が使うために作られたものではありません。

 世界のトッププロが使用するタイトリスト「ボーケイSM9」シリーズも、様々なシチュエーションに合わせてバリエーションが生まれた結果、一般ゴルファーにも大人気モデルになっています。

出発点は「何となくカッコイイ」からでもOK

「何となくカッコイイ」からでも良いですし「今のアイアンセットにウェッジがないから」が出発点でも良いので、初心者&中級者にとっての基本的なウェッジ選びを考察してみたいと思います。

SW(サンドウェッジ)は「バンカー脱出」優先で選ぶ

 まず、「ありがちな」初心者&中級者のプレースタイルを考察したいと思います。SW(サンドウェッジ)はその名のとおり、元々は「砂場(バンカー)」で使う事からスタートしています。

 バンカーショットが得意になれば、フワッと上げたいアプローチ兼用で使いたいですが、現実性を考えバンカーから「一発脱出できる」事が最優先事項になるでしょう。一度バンカーに入ってしまうと毎回大叩きする……、なんて事が起きないようにクラブで回避しておきたいです。

初心者&中級者には特に、SW本来の役目である「バンカーからの脱出」を最優先したソール選び&クラブ重量が必要

「砂にぶつけるだけでとりあえず出る」SWを選ぶコツは、難しい打ち方をしなくても高さと距離が出る性能が第一。少なくともロフトが56度以上ありソール部分が大きく丸みがあるモデルの方が、砂の中にヘッドが潜りすぎず、砂と一緒にボールを高く上げてくれます。

 ただし、バンカーショット時にボールだけをクリーンに打ってしまう「ホームラン傾向が強い」方はウェッジの「クラブ重量」にも注意が必要。

 単品ウェッジのクラブ重量がアイアンセットに比べて重いシャフト装着のモデルが多いのは、この辺りにも理由があります。

 軽く素振りした時に、「ドンッ!」と地面にソールがぶつかる感覚が得られることが、初心者&中級者にとってやさしいSW選びの基準になります。

 ちなみに、グリーン周りのバンカーで「砂が取れない」と言いながらクラブをやたらに短く持つ人を見かけます。砂を取る量をコントロール出来ないなら、「ピンが近いから短く持ちたくなる気持ちも分かりますが、ダフれば飛ばなくなるから長く持ってみては?」とアドバイスする事もあります。

 中腰にしたりスタンスを広めにとったりスパイクを砂に埋めたり、上級者にとってのバンカーショットの常識を押し付けるより、初心者&中級者にとって現実的な方法もあるからです。

スピンや操作性の前に必要なこと

この記事の画像一覧へ(37枚)

画像ギャラリー

タングステン(ロフト54、56度 はいちばん外側のポートに1つ、 58、60度は外側2つのポート に装着)
ノーメッキ フェース
37Vグルーブ& マイクロフィーチャー
Sグラインド
Wグラインド
Xグラインド
Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
人気の“単品ウェッジ”は初心者&中級者にとってもメリットは多い
出発点は「何となくカッコイイ」からでもOK
初心者&中級者には特に、SW本来の役目である「バンカーからの脱出」を最優先したソール選び&クラブ重量が必要
100ヤード以内の中途半端な距離こそ、ダフリ・トップの心配が少なくボールが上がってくれるロフト選びをしたい
様々な状況からシンプルに対応できる、ロフトやソールの異なる「補欠メンバー」ウェッジもアリ
1 2

最新記事