西村優菜の激うまバンカーショット 投入したばかりの「ジョーズRAW」ウェッジが貢献していた

「ニッポンハムレディスクラシック」で今季2勝目を挙げた西村優菜は、6月に優勝した「ニチレイレディス」からウェッジを違うモデルに変更していました。その理由は?

「フェースに食いつく感じでイメージが出しやすい」

 先週の「ニッポンハムレディスクラシック」で優勝し、今季2勝目となった西村優菜。6月に優勝した試合からウェッジを違うモデルに変更していました。

ウェッジを新モデルに一新し、今季2勝目を挙げた西村優菜 写真:Getty Images

 西村は6月の「ニチレイレディス」で優勝したときは50度、54度の「ジョーズフォージド」と58度の「ジョーズ FULL TOE」を使っていましたが、その2週間後の「資生堂レディス」から新ウェッジ「ジョーズRAWブラック」を投入。

「ジョーズRAW」シリーズは7月22日に発売されるニューモデルです。モデル名にあるRAWは英語で「生」「原料のままの状態」を意味する言葉であり、このウェッジはフェースがノーメッキになっていることが特徴。

 この新兵器について西村は「ボールがフェースに食いつく感じがあって、イメージが出しやすい。抜けもすごく良くなった」と語っていました。

「ジョーズRAWブラック」を使い始めて2週目の「ニッポンハムレディスクラシック」は、2日目からトップを守り抜いての逃げ切り優勝でした。

 しかし、危ない場面がなかったわけではありません。最終日には2位の野澤真央に一度はトップタイに並ばれ、1打差リードで迎えた最終18番ホールでは2打目をバンカーに入れて大ピンチを迎えました。それを救ったのが58度の「ジョーズRAWブラック」。バンカーから打ったアプローチはカップから約60センチにつけるスーパーショット。それがウイニングショットとなりました。

 前回優勝した「ニチレイレディス」では50度、54度、58度とウェッジを3本入れていましたが、「ニッポンハムレディス」では52度と58度の2本でした。その理由について西村はこう明かしています。

「普段の試合は50、54、58度にしてスプーン(3W)を抜いたり、54度を抜いてスプーンを入れたりしていました。でも、今週は52度を作ってもらったので、52度と58度にしてスプーンを入れました。今週のコース(桂ゴルフ倶楽部)は54度よりも52度の方が使う機会が多いかなと思ったので」

 キャロウェイゴルフの担当者に話を聞くと、西村のウェッジには微妙な調整をしているそうです。

「本人からのリクエストとしてソールの当たり方は今までのウェッジと同じにしたいということで、ソールには少し丸みを持たせるようにラウンドをつけています」

 ちなみに西村はウェッジでもカーボンシャフト「MCI80」を使い、パターのシャフトもカーボン混合の「ストロークラボ」を使っているのでドライバーからパターまで全14本がカーボンシャフトになっています。

 昨年は4勝を挙げて、今年も前半戦ですでに2勝。後半戦では間違いなく、年間女王争いを繰り広げるでしょう。

西村優菜の最新セッティング

ドライバー エピックスピード(ロフト/9度 シャフト/スピーダーNX50)
FW     エピックスピード(3W、5W/スピーダーNX50)
FW     グレートビッグバーサ(7W、DIVINE NINE シャフト/スピーダー569 エボ3)
UT     エピックスター(6U シャフト/フジクラMCH60)
アイアン  Xフォージドスター(6I-PW シャフト/フジクラMCI70)
ウェッジ  ジョーズRAWブラック(52度、58度 シャフト/フジクラMCI80)
パター   オデッセイ ホワイトホットOG #7Sパター(シャフト/ストロークラボ )

この記事の画像一覧へ(33枚)

画像ギャラリー

タングステン(ロフト54、56度 はいちばん外側のポートに1つ、 58、60度は外側2つのポート に装着)
ノーメッキ フェース
37Vグルーブ& マイクロフィーチャー
Sグラインド
Wグラインド
Xグラインド
Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ ブラック仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Zグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Sグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Wグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
キャロウェイ JAWS RAWウェッジ クロムメッキ仕上げ Xグラインド
ウェッジを新モデルに一新し、今季2勝目を挙げた西村優菜 写真:Getty Images

最新記事