渋野日向子のようなコンパクトが理想!? トップスイングの大きさは結局何が正解なの? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

渋野日向子のようなコンパクトが理想!? トップスイングの大きさは結局何が正解なの?

体が回らずボールが飛ばない冬ゴルフほど “トップの大きさ“に悩んでしまいます。ドラコン選手のように超オーバースイングで飛ばすべきか? それとも渋野日向子選手のようにコンパクトなトップで飛ばすべきか? “トップの大きさ”は、どれぐらいがよいのでしょうか?

「トップの深さ」をヘッドの位置で見るのはナンセンス

「トップの大きさはどっちが良い?」はゴルファーにとって悩ましい課題の一つです。ビギナーにとって教科書的な位置として、正面から見て(ドライバー時)シャフトが地面と水平の位置を「トップの基本」としています。しかし実際には、それよりコンパクトでも飛ばせるゴルファーもいれば、オーバースイングでも方向性が高いゴルファーもいるのが現実です。

トッププロでさえ、個々のトップは異なる。大きいトップと小さいトップ、それぞれにメリットとデメリットはある
トッププロでさえ、個々のトップは異なる。大きいトップと小さいトップ、それぞれにメリットとデメリットはある

 そもそも、トップは「大きさ」ではなく「深さ」を見ていますので、クラブヘッドの位置は参考程度にしかチェックしません。

 トップの「深さ」とは、軸を保った状態で上半身と肩がどこまで入れ替わっているか? のことです。肩だけを無理やり深い位置に持ってきても、スエーしすぎてはバランス(軸)が崩れてしまいます。軸がブレなくても、浅すぎてはインパクトまでに充分なスピードとパワーが得られません。

 トップにおけるクラブヘッドの位置は、コンパクト(ショートアーム)、オーバースイング(ロングアーム)などと区別しますが、飛距離よりもインパクトまでの軌道や再現性に影響が出ます。

「トップの深さ」と「トップの大きさ」を混同せず分けて説明するので、自分のやりやすい方法を見つけてもらいたいです。

コンパクトなトップには「高い再現性」というメリット

 クラブや腕を大きく振りかぶらない「コンパクトなトップ(ショートアーム)」は、ダウンスイングからインパクトにかけて、持ってきたい場所に近いため「ミート率をアップしやすい」といえます。

コンパクト(ショートアーム)でも、体が十分に捻転していれば手首の動きを抑えて再現性を高めることができる 写真:Getty Images
コンパクト(ショートアーム)でも、体が十分に捻転していれば手首の動きを抑えて再現性を高めることができる 写真:Getty Images

 もちろんデメリットもあります。形にこだわり過ぎて小さく固めようとすると、インパクトまで必要な「助走」が足りず、スピードやリズムが得にくくなります。特に年齢や体の固さを感じるゴルファーには不向きなので、ショートアイアンやコントロールショット時以外は採用しなくてもよいと思います。

 良し悪しの基準は大きさよりも「リズムよくスイングできるか?」を重視すべきでしょう。

大きなトップには「飛距離」のメリットがある

1 2 3

最新記事