スイング中のフェースと腕は「自分で返す」or「勝手に返る」!? 結局どっちが正解なの?

アマチュアだけじゃなくティーチングプロの間でさえも議論が絶えないのが、フェースと腕を「自分で返す」のか、それとも「勝手に返る」のが正解なのかというテーマ。現代クラブの性能やスイング理論の流行と歴史に詳しい筒康博(つつ・やすひろ)コーチに聞きました。

理屈よりも「成功時のレシピ」があれば「再現性」は高くなる

 結局どうすればよいのか? 屁理屈ばかりでなく具体策も提案したいと思います。アマチュアとプロの違いを一つ挙げると、「ナイスショット時の動きや感覚など『成功のレシピ』を作ろうとしているか?」にあります。

「方法論」に右往左往してしまう人は、ミスショットほど饒舌でうまく行った時には「何も感じなかった」で済ませてしまいがち。「いい時はこんな感じ」を再現しようとしない傾向が見られます。

フェースや腕の動きがうまくできたショットでの「成功時のレシピ」があれば、料理を作る時のように再現性は高くなる
フェースや腕の動きがうまくできたショットでの「成功時のレシピ」があれば、料理を作る時のように再現性は高くなる

 様々な体の動きが「ブレンド」されているスイングには、無数の正解があり個々のゴルファーで大事にしていることも違います。

 例えば「カフェオレ」と言っても、「ミルクたっぷり」の人もいれば「苦めのコーヒーが合う」人もいるはずです。ティーチングに長けているプロほど最大公約数のゴルファーに対する「基本」を持ちながらも、実際のレッスンでは個々のゴルファーに対して「個別対応」しています。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

【画像】カーボンフェースに新顔登場! つるやゴルフ「アクセルGF」の詳細画像とテクノロジー

画像ギャラリー

つるやゴルフ アクセルGF
つるやゴルフ アクセルGF
つるやゴルフ アクセルGF
つるやゴルフ アクセルGF
つるやゴルフ アクセルGF
つるやゴルフ アクセルGF
つるやゴルフ アクセルGF
クラブの動きを上から見れば、フェース面はボールに対して「返りながら」インパクトゾーンを通過している
「腕だけ」の動きでは、両ヒジが上下しながら左右の腕が入れ替わる「ローテーション」が行われている
フェースや腕の動きがうまくできたショットでの「成功時のレシピ」があれば、料理を作る時のように再現性は高くなる
左手でスティックを持ち先端をみぞおちに当て、右手でウェッジを持つ
バックスイングで上体を回していればスティックの先端は右を指す
上体が回っていれば、フォローでもスティックが先行する
上体が回っていれば、フォローでもスティックが先行する
スティックよりもウェッジが先行する人は体が止まっている証拠
小さなバックスイングでも胸を右に向ける意識を必ず持つ
逆に、フォローではしっかりと胸を左に向けていく意識を持つ
インパクトではスティックがウェッジよりも先行している形が正しい
1 2

最新記事