飛び系アイアンユーザーこそ使うべき!? 軽量モデルが追加された「トラヴィル」ってどんなシャフト?

藤倉コンポジットから2023年7月に登場したアイアンシャフト「TRVIL(トラヴィル)」は、たった半年足らずで累計5万本を突破。24年3月には、70グラム台が追加ラインアップされ更に人気が加速する予感も。ツアーで戦う選手の落下角に着目し開発された「TRVIL(トラヴィル)」は、そもそもどんなアイアンシャフトなのでしょうか。様々なギアの計測を行う筒康博コーチに解説してもらいました。

飛び系アイアンの悩みを解消できる可能性もある

 使用アイアンの「落下角度」を把握しているアマチュアはほとんどいないと思いますが、飛び系アイアンを使用している人で「ボールが上がらない」「何ヤード飛ぶのか読めない」と感じている人は多いと思います。

飛び系アイアンを使っている人で「ボールが上がらない」「何ヤード飛ぶか読めない」など打ち出し角度やスピン量で悩んでいるなら、トラヴィルはピッタリ合う可能性がある
飛び系アイアンを使っている人で「ボールが上がらない」「何ヤード飛ぶか読めない」など打ち出し角度やスピン量で悩んでいるなら、トラヴィルはピッタリ合う可能性がある

 そんな人はトラヴィルのしなやかな振り心地とフィーリングによってスピン量が増えたり、先端部の剛性によって打ち出し角が最適化する可能性があります。

 今使っているアイアンシャフトと重量帯と同じか少し軽めのモデルの中に、あなたが好きになるトラヴィルがあるかも知れません。

【解説】筒 康博(つつ・やすひろ)

伝説のプロコーチ・後藤修に師事。世界中の新旧スイング方法を学び、プロアマ問わず8万人以上にアドバイスを経験。スイング解析やクラブ計測にも精通。ゴルフメディアに多数露出するほか、「インドアゴルフレンジKz亀戸」ヘッドコーチ、WEBマガジン「FITTING」編集長を務める。

【写真】軽量トラヴィルをどれで試す? 最新売れ筋アイアントップ5

画像ギャラリー

2024年1月の売れ筋アイアン第1位 ゼクシオ 13 アイアン(ダンロップ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年1月の売れ筋アイアン第2位 スリクソンZX5 MkII アイアン(ダンロップ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年1月の売れ筋アイアン第3位 P790アイアン 2023(テーラーメイド ゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年1月の売れ筋アイアン第4位 G430 アイアン(ピンゴルフジャパン) 有賀園ゴルフ調べ
2024年1月の売れ筋アイアン第5位 ゼクシオ エックス アイアン(ダンロップ) 有賀園ゴルフ調べ
設計自由度の高いカーボン素材を軸に先端部にはメタル、全長にゴムが配合されたフジクラのテクノロジーが集約されたコンポジットアイアンシャフト
トップから切り返しにかけてカーボン素材のしなやかさと、ダウンスイング後半からインパクトにかけてしっかりした挙動が特徴的
飛び系アイアンを使っている人で「ボールが上がらない」「何ヤード飛ぶか読めない」など打ち出し角度やスピン量で悩んでいるなら、トラヴィルはピッタリ合う可能性がある
1 2

最新記事