価格は9万3500円から! 11月発売の「激飛。快音。」のG430ドライバーを打ってみた

ピンゴルフジャパン株式会社は11月11日(金)に激飛「G430シリーズ」を発売すると発表しました。多くのゴルファーから支持を集めていた「G425シリーズ」の後継機種はどのような進化を遂げたのでしょうか。

「激飛。快音。」をキャッチフレーズに11月11日発売

 発売から2年以上経過しても、量販店で売れまくっていた前作の「G425シリーズ」。その後継機種にあたる「G430シリーズ」がいよいよ11月11日より発売されることが発表されました。ラインアップはドライバー3機種、フェアウェイウッド2機種、ハイブリッドとアイアンになっています。

 多くのアマチュアゴルファーが気になっているドライバーは、高い慣性モーメントで叩ける「MAX」、カーボンクラウン搭載で高初速を実現している「LST」、つかまるヘッド設計に弾道調節機能を初搭載した「SFT」という3つのモデルになっています。

爆売れ必至!? ピン「G430ドライバー」がいよいよ登場
爆売れ必至!? ピン「G430ドライバー」がいよいよ登場

 前作からの進化としては、インパクト時の空気抵抗を軽減するタービュレーター(クラウン部にある突起)が前作よりもつかまる印象の与えるデザインに変更。さらに、クラウンの外側にラインが入り、よりヘッドがシャープに見えて振り抜きやすい印象を与えるデザインになっています。

 極薄のフェースも、前作よりも周辺部が9%、中心部が6%薄くなり高い反発性能を実現しています。さらに「新バルジ&ロール設計」によりミスヒット時でも最適なスピン量と弾道になり、キャリーと飛距離が落ちにくくなっています。

 ヘッド内部にはキャッチフレーズにもある「快音。」を生み出す新たなサウンドリブを搭載。ヘッド内部の最も振動が発生するところにリブを配置、打点がブレても快音を生み出すヘッドになっています。

新製品発表会に登壇した契約プロ。右からセキ・ユウティン、比嘉真美子、鈴木愛、永野竜太郎、大岩龍一、塚田好宣
新製品発表会に登壇した契約プロ。右からセキ・ユウティン、比嘉真美子、鈴木愛、永野竜太郎、大岩龍一、塚田好宣

 まず、高慣性モーメントでヘッドがブレないという「G430 MAX」ドライバーを打ってみました。発表会に来ていたピン契約選手のセキ・ユウティン選手が「ボールがフェース面にくっつく感じがしますね。ミスヒットしても曲がらないイメージです。強く打ってもスピン量が増えないので、ボールが前に飛んでいきます」と語っていたとおり、多少打点がズレても飛距離への影響は最小限でした。460ccの大型ヘッドなのですが、クラウンのデザインがいいからなのか、前作よりもシャープに振り抜ける印象がありました。

 次に唯一のカーボンクラウンを搭載した「G430 LST」ドライバー。余剰重量を最適化して、理想的な低重心設計になっているのが特徴。打感はカーボンクラウンだからといって、他のモデルと大きく違うことはなく気持ちいい打音でした。スピン量は明らかに少なくなるので、高スピンで飛距離をロスしがちな人には合いそうだと思いました。「LST」も前作と比較して慣性モーメントは上がっていることもあり、思い切り振ってもヘッドのブレを感じることはありませんでした。

 ドロー設計に特化しているのが「G430 SFT」ドライバー。前作にはなかった弾道調節機能が搭載され、よりドローが打ちやすくなっています。実際に打ってみても右に行くことはほとんどなく、やさしい印象でした。メーカーの説明では「ハードなシャフトと好相性」とのことでしたが、右への心配が無いこともあり、普段使っているシャフトより少しハードなスペックにして、思い切り叩いて飛距離を稼ぐことができました。

 3つのモデルに共通して感じたのが「打感のよさ」でした。飛距離性能はもちろん素晴らしかったのですが、気持ちいい打球音と振り抜きやすさが特に印象に残りました。10月12日より量販店などで実際に先行試打が開始されるそうなので、気になっているゴルファーは実際に試してみてください。

【G430 MAXドライバー スペック】
ロフト角:9、10.5、12度
ヘッド体積:460cc
ライ角:59.5度
シャフト:「アルタ J CB ブラック」、「ピン ツアー 2.0 クローム 65」、「ピン ツアー 2.0 クローム 75」、「ピン ツアー 2.0 ブラック 65」、「ピン ツアー 2.0 ブラック 75」
総重量:約302グラム(アルタ J CB ブラック・SR・45.75インチ)
価格:9万3500円(税込み)

【G430 SFTドライバー スペック】
ロフト角:10.5度
ヘッド体積:460cc
ライ角:59.5度
シャフト:「アルタ J CB ブラック」、「ピン ツアー 2.0 クローム 65」、「ピン ツアー 2.0 クローム 75」、「ピン ツアー 2.0 ブラック 65」、「ピン ツアー 2.0 ブラック 75」
総重量:約293グラム(アルタ J CB ブラック・R・45.75インチ)
価格:9万3500円(税込み)

【G430 LSTドライバー スペック】
ロフト角:9、10.5度
ヘッド体積:440cc
ライ角:58度
シャフト:「アルタ J CB ブラック」、「ピン ツアー 2.0 クローム 65」、「ピン ツアー 2.0 クローム 75」、「ピン ツアー 2.0 ブラック 65」、「ピン ツアー 2.0 ブラック 75」
総重量:約309グラム(アルタ J CB ブラック・S・45.75インチ)
価格:9万9000円(税込み)

【写真21枚】「G430ドライバー」3モデルの詳細画像

画像ギャラリー

G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
G430 MAXドライバー
G430 SFTドライバー
G430 LSTドライバー
弾道調整機能を初搭載したG430 SFTドライバー
超極薄の反発フェース
最大のキャリーを生むスピンシステンシー・テクノロジー
快音を生み出す新サウンドリブ
カーボンクラウンのG430 SFTドライバー
高い慣性モーメントを誇るG430 MAXドライバー
爆売れ必至!? ピン「G430ドライバー」がいよいよ登場
新製品発表会に登壇した契約プロ。右からセキ・ユウティン、比嘉真美子、鈴木愛、永野竜太郎、大岩龍一、塚田好宣

最新記事