注目はG430だけじゃない!? 「ピン 2023 PUTTER」全10モデルを打ってみた!

9月15日に新発売となった「ピン 2023 PUTTER」シリーズは、10モデルもの様々なヘッド構造&形状から最適な一本を選べるラインアップ。インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチに、話題の「ピン 2023 PUTTER」全10モデルを試打してもらいました。

まさに“ブレード”「ANSER」「ANSER 2D」「KUSHIN 4」

 まず初めに、ピンパターを代表する“ブレード”タイプの3モデルを紹介します。

様々なヘッド構造や形状の10モデルから「最適な一本」を選べる話題の「ピン 2023 PUTTER」
様々なヘッド構造や形状の10モデルから「最適な一本」を選べる話題の「ピン 2023 PUTTER」

「ANSER(アンサー)」は長年多くのゴルファーに支持されたヘッド形状。今回の「ANSER」はシルバー&ブラックのコントラストによる構えやすさと、フェース面の左右に配置されたタングステンによる「トゥ&ヒールバランス」をブラッシュアップ、ヘッドブレを軽減する設計になっています。

 ミーリング加工されたフェースと標準カーボンシャフトの組み合わせは、決して硬くない打感とほんの少し高い打球音いなっていて、タッチをより繊細に感じることができます。

「ANSER 2D」は後方にヘッドのボリュームを増したヘッド形状になっていて、フェースにはインサートが入っています。

ブレードタイプの「ANSER」「ANSER 2D」「KUSHIN 4」は、どのモデルもフェース面をターゲットに向けやすい
ブレードタイプの「ANSER」「ANSER 2D」「KUSHIN 4」は、どのモデルもフェース面をターゲットに向けやすい

 形は“ブレード”ですが、打った感じはマレットインサートパターそのもの。ブラックのヘッドの中に一本のサイトラインが目立つので、打点とフェース面をきっちり合わせやすくなっています。

 2トーン&セミワイドボディの「KUSHIN 4(クッシン4)」は、「ANSER」と「ANSER 2D」を合体させ短いスラントネックになっています。ヘッド低く動く感じがして、長いインパクトでボールを転がしたくなります。

多様な“ミッドマレット”「SHEA」「DS72」「DS72C」

 “ミッドマレット”と呼ばれるタイプもなかなか個性的です。

「SHEA(シェイ)」はややL字マレット風な、スラントネック&カーボンシャフト採用モデル。あまりストロークタイプを選ばない色々なモデルのいいところ取りをしている感覚。

「DS72」はアームロックモデルもあるベンドネックを、「DS72C」はセンターシャフト採用しています。「DS72」「DS72C」どちらもフェースバランスですが、シャフトとネックの違いがアドレス時の見え方に表れます。

ミッドマレットには、アームロックタイプもある「DS72」、センターシャフト「DS72C」、スラントネックのL字マレット「SHEA」
ミッドマレットには、アームロックタイプもある「DS72」、センターシャフト「DS72C」、スラントネックのL字マレット「SHEA」

 シャフトの線上とフェースセンターが重なっている「DS72C」は非常に操作性がよく、しっかりヒットできるので、ロングパット時も強気にタッチを合わせやすかったです。

 ミーリングされたシルバーフェースの仕上がりは、本当にキレイ。性能やフィーリングだけでなく所有感も◎です。

“高MOIマレット”「PRIME TYNE 4」「TYNE G」「MUNDY」「TOMCAT」

【写真30枚】「ピン2023 PUTTER」全10モデルの特徴と詳細画像

画像ギャラリー

「ANSWER(アンサー)」トップレールの色を変えアライメント効果が増した。フェースは転がりの良い浅い溝を採用している
「ANSWER(アンサー)」トップレールの色を変えアライメント効果が増した。フェースは転がりの良い浅い溝を採用している
「ANSWER(アンサー)」トップレールの色を変えアライメント効果が増した。フェースは転がりの良い浅い溝を採用している
「ANSWER 2D(アンサー 2D)」座りが抜群のワイドANSWER。ソリッドな打感の「新ハードPEBAX」インサートを採用
「ANSWER 2D(アンサー 2D)」座りが抜群のワイドANSWER。ソリッドな打感の「新ハードPEBAX」インサートを採用
「ANSWER 2D(アンサー 2D)」座りが抜群のワイドANSWER。ソリッドな打感の「新ハードPEBAX」インサートを採用
「KUSHIN 4(クッシン 4)」短いサイトラインを施したミニブレード。ボールにラインを引かないプレーヤーがラインを出しやすくなっている
「KUSHIN 4(クッシン 4)」短いサイトラインを施したミニブレード。ボールにラインを引かないプレーヤーがラインを出しやすくなっている
「KUSHIN 4(クッシン 4)」短いサイトラインを施したミニブレード。ボールにラインを引かないプレーヤーがラインを出しやすくなっている
「SHEA(シェイ)」モデル史上最高の慣性モーメントを実現。薄いトップレールで操作性も高くなっている
「SHEA(シェイ)」モデル史上最高の慣性モーメントを実現。薄いトップレールで操作性も高くなっている
「SHEA(シェイ)」モデル史上最高の慣性モーメントを実現。薄いトップレールで操作性も高くなっている
「DS72(ディーエス72)」しっかりした打感で距離感が出しやすい。厚いトップレールで安心感のある形状
「DS72(ディーエス72)」しっかりした打感で距離感が出しやすい。厚いトップレールで安心感のある形状
「DS72(ディーエス72)」しっかりした打感で距離感が出しやすい。厚いトップレールで安心感のある形状
「DS72 C(ディーエス72 C)」シンプルに構えやすいセンターシャフト。370グラムの重ヘッドパター
「DS72 C(ディーエス72 C)」シンプルに構えやすいセンターシャフト。370グラムの重ヘッドパター
「DS72 C(ディーエス72 C)」シンプルに構えやすいセンターシャフト。370グラムの重ヘッドパター
「PRIME TYNE 4(プライムタイン4)」ローテーションしやすいコンパクトな角型ヘッド。転がりの良い浅溝を採用
「PRIME TYNE 4(プライムタイン4)」ローテーションしやすいコンパクトな角型ヘッド。転がりの良い浅溝を採用
「PRIME TYNE 4(プライムタイン4)」ローテーションしやすいコンパクトな角型ヘッド。転がりの良い浅溝を採用
「TYNE G(タインG)」深低重心設計でブレにくい形状。3本のサイトラインで真っすぐ構えやすい
「TYNE G(タインG)」深低重心設計でブレにくい形状。3本のサイトラインで真っすぐ構えやすい
「TYNE G(タインG)」深低重心設計でブレにくい形状。3本のサイトラインで真っすぐ構えやすい
「MUNDY(マンディー)」3本のサイトラインが特徴でレールのように狙える。高比重のソールプレートを搭載
「MUNDY(マンディー)」3本のサイトラインが特徴でレールのように狙える。高比重のソールプレートを搭載
「MUNDY(マンディー)」3本のサイトラインが特徴でレールのように狙える。高比重のソールプレートを搭載
「TOMCAT 14(トムキャット 14)」不均等に並んだ14個のサイトドットで構えやすい。転がりがよく「脱ショート」推奨モデル
「TOMCAT 14(トムキャット 14)」不均等に並んだ14個のサイトドットで構えやすい。転がりがよく「脱ショート」推奨モデル
「TOMCAT 14(トムキャット 14)」不均等に並んだ14個のサイトドットで構えやすい。転がりがよく「脱ショート」推奨モデル
様々なヘッド構造や形状の10モデルから「最適な一本」を選べる話題の「ピン 2023 PUTTER」
ブレードタイプの「ANSER」「ANSER 2D」「KUSHIN 4」は、どのモデルもフェース面をターゲットに向けやすい
ミッドマレットには、アームロックタイプもある「DS72」、センターシャフト「DS72C」、スラントネックのL字マレット「SHEA」
個性的ながら近年人気の高MOIマレット「PRIME TYNE 4」「TYNE G」「MUNDY」「TOMCAT」
1 2

最新記事