石川遼が実践投入で話題! 新作「ツアーAD CQ」はフェードヒッターでも武器になる!? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

石川遼が実践投入で話題! 新作「ツアーAD CQ」はフェードヒッターでも武器になる!?

石川遼が実践投入したことで話題になっているグラファイトデザインの2023年モデル「ツアーAD CQ」シャフト。その実力はいかほどなのか? ゴルフイラストレーターの野村タケオさんに試してもらいました。

TOUR AD CQはムチのようにしなってつかまる

 みなさんこんにちは。ゴルフバカイラストレーターの野村タケオです。僕は基本的にスライサーなので、ボールをつかまえるのがあまり得意じゃないんです。

 でもね、やっぱボールはつかまえたい。ドローヒッターになりたいわけではないのですが、しっかり球をつかまえることができれば、スピン量は減るし飛距離も伸びるじゃないですか。

ツアーADの新作を徹底インプレッションしました
ツアーADの新作を徹底インプレッションしました

 なので、ある程度つかまえられるクラブを使いたいわけです。もちろんシャフトもつかまるほうがありがたいのですが、引っかかっちゃうと左が怖くて使えない。つかまる系シャフトもなかなか選ぶのが難しいんですよね。

 グラファイトデザインから新しく「ツアーAD CQ」というシャフトが発売になりました。なんでも今までグラファイトデザインでは無かったタイプの「つかまり系」シャフトなのだとか。一体どんなシャフトなんでしょうか?コースに持ち込んで試打してみました。

「ツアーAD CQ」はメーカーの説明によると「ムチのようなしなり、インパクトへの加速感をイメージした、つかまりのよいモデル」ということです。

 手元の剛性を高めながら全体の剛性にメリハリをつけることで、切り返しやすくインパクト前後のスピード感がアップしているのだとか。ちなみに「CQ」というのは「CONQUEST」(コンクエスト「征服する」といった意味)らしいですよ。

 僕が試打したのはCQ-5のS。重量56グラムでトルク4.5の先中調子。「CQ」はCQ-4のR2(47グラム、トルク6.1)からCQ-7のTX(76グラム、トルク3.2)まで用意されています。

 試打したヘッドはタイトリストTSR4のロフト9度。45.25インチ(60度法)で組みました。

タイトリストのTSR4で試打。軽くスーッと走ってくれるシャフトでした
タイトリストのTSR4で試打。軽くスーッと走ってくれるシャフトでした

 まず見た目ですが、基本的なデザインはいつものツアーADですが、手元側が金色っぽくなっていて、かなり特徴的なカラーになっています。これは好き嫌いの分かれるところかも。

 実際にボールを打ってみると、少し手元側がしっかりしているのを感じます。ガチガチに硬いというわけではなく、硬さは感じるものの少ししなりもあるので、タイミングはけっこう取りやすい。

 インパクト手前くらいからヘッドが走るのですが、静かにスーッと走るように感じました。ギュンっと強く走るのではなく、軽く静かに走るという感じですね。振っていてなかなか気持ちがいいです。

フェードヒッターでもつかまった弾道になった

【写真】今回試打した「ツアーAD CQ」を手にした石川遼

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2022/09/ishikawaryo_2022ANA_PIC2022091816224433700065_M-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/001-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/CQ_all-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/IMG_4639-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/IMG_4651-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/09/IMG_4649-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/11/タイトル-2-1-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/11/01-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2022/11/03-2-150x150.jpg
1 2

最新記事