テンプラの原因は“打ち込みとフェースターン” 体の回転を止めずに振り抜けば解決できる | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

テンプラの原因は“打ち込みとフェースターン” 体の回転を止めずに振り抜けば解決できる

ドラコンプロ岡部健一郎(おかべ・けんいちろう)氏が提唱するシステムスイングは、主だったミスの修正にも役立ちます。今回はテンプラの原因と修正法を紹介します。また、正しいボールの位置についてもレッスンするのでぜひ参考にしてください。

打ち込んでフェースが閉じるとクラウンにボールが当たる

 ゴルフ用語での“テンプラ”とは高く上がるだけで飛距離が出ない打球をいいますが、原因はクラブヘッドの“クラウン”と呼ばれる上面でボールをヒットすることにあります。

 ただ、いくらティーアップしているとはいえ、ドライバーのヘッドにはある程度の厚みがあります。通常の軌道でヘッドが下りてくる限り、クラウンでボールをヒットすることはないはずです。にもかかわらず、クラウンに当たってしまうのは通常の軌道でクラブを下ろしていないからです。

上から打ち込んでフェースが閉じた状態でインパクトを迎えると、クラウンにボールが当たりやすい
上から打ち込んでフェースが閉じた状態でインパクトを迎えると、クラウンにボールが当たりやすい

 通常の軌道ではないとしたら、どのような軌道でしょうか。答えはボールの上から打ち込む軌道で、なおかつクラブフェースを閉じてしまうと、クラウンの位置がかなり低くなります。

 そのままインパクトを迎えると、それほど高くないティアップのボールでもクラウンに当たってしまうというわけです。

 仮にボールの上から打ち込む軌道でも、フェースさえ閉じていなければ、フェースの上部に当たるのでテンプラにはなりません。

 したがって、テンプラが多く出る人はボールの上から打ち込もうとしないこと、フェースを閉じる動きをしないように心がけるべきです。

 また、ダウンスイングで体の回転が止まってしまうと、その反動でフェースが返ります。テンプラはもちろん、引っかけなどのミスも出るので気をつけましょう。

 私が提唱するシステムスイングではフェース面をボールに向けたままクラブを上げて下ろすだけなので、フェースの開閉は行いません。しかも首のツケ根を中心に体を回転させることでクラブの上げ下げを行うので、ボール位置さえ間違えなければ自然とアッパーブローでボールをとらえることができます。

クラブごとにボールの位置は変わる

 先ほどボールの位置さえ間違わなければテンプラは出ないといいましたが、あらためて正しいボールの位置について説明しましょう。

 まず、クラブごとにボールの位置は変わります。なぜなら、ドライバーなどのウッド、アイアン、ウェッジはそれぞれ構造が異なるからです。

ティーアップが高くなるほどボールを左足カカトの延長線上よりも左にセットする
ティーアップが高くなるほどボールを左足カカトの延長線上よりも左にセットする

 ボール位置の説明をする前に、クラブヘッドを持ち上げた状態でフェース面の芯にボールを合わせてみましょう。ヒール側から観察し、ボールがどこに見えるか確かめてください。

 ウェッジではネックの右側に、アイアンではネックの少し左側に、ドライバーではネックの左側にボールが見えるはずです。

 つまり、ウェッジではスタンスの中心よりも右側に、アイアンではスタンスの中心よりも少し左側に、ウッドではさらに左側にボールを置いてこそ、フェースの芯でヒットできるわけです。

 当然、その位置にボールをセットしなければミスショットの原因になります。クラブによってボールの位置を変えるからこそ、同じスイングをしても同じようにボールをヒットできるのです。

 また、ドライバーショットでは、ティーアップの高さによってボールの位置が変わります。個人差はありますが、一般的には35ミリなら左足カカトの延長線上にボールをセットしましょう。それ以上高くするならさらに左に、低くするなら右に置きます。

取材協力・ラフサイド ゴルフアカデミー御徒町校(東京都)

【指導】岡部健一郎(おかべ・けんいちろう)

1970年9月4日生まれ、身長180センチ。NGFティーチングプロ、ヨネックス契約プロ。主な戦績は「2008年L-1静岡大会 優勝 記録431ヤード」、「2017年ゴルフダイジェストドラコン選手権 日本決勝シニアの部3位」、「2021年ジアメディカルカップ決勝 シニアの部優勝」など。現在もテレビ・雑誌など、様々なメディアでレッスンを展開しつつ、ドラコン選手として全国の大会で活躍中。

【写真解説】理屈が分かればテンプラは出ない! 芯とボールを合わせて分かる位置の違い

画像ギャラリー

ドライバーでは完全にボールはネックよりも左側に見える
アイアンではボールはネックよりも左側に見える
ウェッジではボールがネックよりも右側に見える
上から打ち込んでフェースが閉じた状態でインパクトを迎えると、クラウンにボールが当たりやすい
ティーアップが高くなるほどボールを左足カカトの延長線上よりも左にセットする

最新記事