軸を意識するからチーピンになる!? 引っかけグセがある人はイメージするべき「筒の中スイング」とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

軸を意識するからチーピンになる!? 引っかけグセがある人はイメージするべき「筒の中スイング」とは?

ドライバーの飛距離アップは、多くのプレーヤーが望むゴルフのスキル。1ヤードでも遠くに飛ばすには、どうすればいいのだろうか。2017年シーズンのドライビングディスタンスで8位(248.58ヤード)に入った女子ゴルフ屈指の飛ばし屋・川崎志穂に飛距離アップのコツを聞いてみよう。

細い軸をイメージすると手打ちになる可能性がある

 今回はドライバーでフックが出るゴルファー向けの対策法を紹介します。引っかけやチーピンが多い人によくあるスイングのエラーが手打ちです。

 体を使わず腕だけでクラブを動かすため、ダウンスイングで体が止まり、ヘッドが返り過ぎてしまうのです。

スイング中に軸がブレてしまう人は、筒の中で体を動かすイメージを持ってみる。1本の細い軸をイメージするよりもスムーズに体が回る
スイング中に軸がブレてしまう人は、筒の中で体を動かすイメージを持ってみる。1本の細い軸をイメージするよりもスムーズに体が回る

「軸を意識して体を回すように心掛けている!」という人がいるかもしれませんが、軸の作り方に問題があるかもしれません。

 体の中心に細い軸をイメージすると、「軸を動かしてはいけない」という意識が働き、体が回らず手打ちスイングを助長する可能性があります。

 私のオススメは筒の中で体を回すイメージ。軸は結果的に生まれるものと考えましょう。1本の細い軸を作るより、体全体をスムーズに回転しやすくなりますよ。

左のミスが出始めたら下半身に意識を向ける

 ラウンド中に左のミスが出始めた時、みなさんはどんな対策を考えるでしょうか。多くの人は「手首が返らないように注意しよう」、「フェース向きをキープしてインパクトしよう」と上半身を修正しようとするはず。

 しかし、それよりも下半身に意識を向けた方が引っかけやチーピンは直しやすくなります。

ラウンド中に引っかけやチーピンが出始めたら、いつもより半足ぶんぐらいスタンス狭くして構える。クラブを短く持ってスイングすれば、下半身を動かしやすくなる
ラウンド中に引っかけやチーピンが出始めたら、いつもより半足ぶんぐらいスタンス狭くして構える。クラブを短く持ってスイングすれば、下半身を動かしやすくなる

 下半身がしっかり回っていれば、体の回転が止まることがなくなり、手首が返りにくくなります。

 足を使う具体的な方法は、スタンス幅を半足ぶんぐらい狭く構え、クラブを短く持つだけ。アドレスに2つの工夫を加えるだけで足が使えるようになり、体が回るようになります。

 この方法は、ラウンド後半で疲れが出始めた時にも有効です。上がり3ホールでスコアが崩れる人は、下半身の動きが鈍くなっている可能性が高いので、スタンスを狭くしてクラブを短く持ちましょう。下半身が動いてミスを減らせるはずですよ。

取材協力・姉ヶ崎カントリー倶楽部(千葉県)

【レッスン】川崎志穂(かわさき・しほ)

川崎志穂(かわさき・しほ)
川崎志穂(かわさき・しほ)

1996年5月9日生まれ、千葉県出身。拓殖大学紅陵高卒業後、2017年はQT25位の資格でレギュラーツアーにフル参戦。同年は3度目の挑戦でプロテスト合格も果たす。170センチの長身を活かした飛距離が魅力。2017年シーズンはドライビングディスタンス8位(248.58ヤード)に入っている。ミツウロコグループホールディングス所属。

【連続写真解説】止まらないチーピンの直し方! 川崎志穂流「手打ちを防ぐ“筒の中”スイング」

画像ギャラリー

いつもより半足分スタンスを狭くして、クラブを短く持って構える。これだけで下半身を使いやすくなり、スムーズに体が回る。フックに悩む人やラウンド後半に疲れが出始めた人に有効
いつもより半足分スタンスを狭くして、クラブを短く持って構える。これだけで下半身を使いやすくなり、スムーズに体が回る。フックに悩む人やラウンド後半に疲れが出始めた人に有効
いつもより半足分スタンスを狭くして、クラブを短く持って構える。これだけで下半身を使いやすくなり、スムーズに体が回る。フックに悩む人やラウンド後半に疲れが出始めた人に有効
いつもより半足分スタンスを狭くして、クラブを短く持って構える。これだけで下半身を使いやすくなり、スムーズに体が回る。フックに悩む人やラウンド後半に疲れが出始めた人に有効
いつもより半足分スタンスを狭くして、クラブを短く持って構える。これだけで下半身を使いやすくなり、スムーズに体が回る。フックに悩む人やラウンド後半に疲れが出始めた人に有効
いつもより半足分スタンスを狭くして、クラブを短く持って構える。これだけで下半身を使いやすくなり、スムーズに体が回る。フックに悩む人やラウンド後半に疲れが出始めた人に有効
いつもより半足分スタンスを狭くして、クラブを短く持って構える。これだけで下半身を使いやすくなり、スムーズに体が回る。フックに悩む人やラウンド後半に疲れが出始めた人に有効
いつもより半足分スタンスを狭くして、クラブを短く持って構える。これだけで下半身を使いやすくなり、スムーズに体が回る。フックに悩む人やラウンド後半に疲れが出始めた人に有効
スイング中に軸がブレてしまう人は、筒の中で体を動かすイメージを持ってみる。1本の細い軸をイメージするよりもスムーズに体が回る
ラウンド中に引っかけやチーピンが出始めたら、いつもより半足ぶんぐらいスタンス狭くして構える。クラブを短く持ってスイングすれば、下半身を動かしやすくなる
川崎志穂(かわさき・しほ)

最新記事