トップの手元位置は鎖骨の前! フェアウェイウッドが当たらないのはクラブの上げ過ぎが原因 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

トップの手元位置は鎖骨の前! フェアウェイウッドが当たらないのはクラブの上げ過ぎが原因

フェアウェイウッドを苦手にしているアマチュアゴルファーは多い。「うまく打てないのはバックスイングが大きいから」というのは川崎志穂。ボールを飛ばそう、スイングスピードを上げようとクラブを大きく上げると、手先でクラブをコントロールしやすくなってカット軌道になったり、前傾姿勢が崩れる原因になる。コンパクトなトップの作り方や前傾姿勢をキープするコツを教えてもらった。

大きいトップはスイングが乱れる原因

 フェアウェイウッドに苦手意識を持っている人は多いですよね。うまく打てない理由の一つは、トップが大きすぎることです。

「遠くに飛ばしたい」「クラブスピードを上げなければ」と、バックスイングを大きくすると手打ちになり、腕と体の動きがバラバラになってしまいます。また、前傾姿勢も崩れやすくなります。

クラブを大きく上げるとスイング軌道が乱れやすい。トップで手元の位置を鎖骨の真ん中にすると、体の正面から腕が外れずコンパクトなスイングになる
クラブを大きく上げるとスイング軌道が乱れやすい。トップで手元の位置を鎖骨の真ん中にすると、体の正面から腕が外れずコンパクトなスイングになる

 フェアウェイウッドでナイスショットを打つには、トップをコンパクトにすることがポイントです。

 私の場合、トップでの手元の位置は鎖骨の真ん中という意識を持っています。実際はスイングにスピードがつくため、もう少し高い位置に手は上がっていますが、「鎖骨の真ん中」と意識することで体の正面から手元が外れず、腕と体に一体感が生まれるスイングになります。

前傾をキープできるコンパクトトップ体感ドリル

 コンパクトなトップを意識しても前傾姿勢が崩れてしまう人は、バックスイングの段階で体が起き上がるクセがあるかもしれません。まずは、正しいトップの形を体感しましょう。

アドレスの前傾角度と平行になるようにクラブを体の前で持ち、バックスイングの動きをしてみる。前傾姿勢をキープしたままバックスイングする感覚をつかみやすい
アドレスの前傾角度と平行になるようにクラブを体の前で持ち、バックスイングの動きをしてみる。前傾姿勢をキープしたままバックスイングする感覚をつかみやすい

 アドレス姿勢をとったら、上半身と平行になるように体の前でクラブを持ちます。そして、クラブの傾きを変えないまま、バックスイングの動きをしてみてください。

 体をねじったら、鎖骨の前に腕を伸ばしてクラブを握り直し、トップを作ります。この形が前傾姿勢をキープできているコンパクトなトップです。

 また、アドレスの段階からお腹に力を入れておくこと、スイングを加速させずに一定のリズムで振ることも意識すると、前傾をキープしやすくなるはずです。フェアウェイウッドでナイスショットが打てるようになりますよ。

取材協力・姉ヶ崎カントリー倶楽部(千葉県)

【レッスン】川崎志穂(かわさき・しほ)

川崎志穂(かわさき・しほ)
川崎志穂(かわさき・しほ)

1996年5月9日生まれ、千葉県出身。拓殖大学紅陵高卒業後、2017年はQT25位の資格でレギュラーツアーにフル参戦。同年は3度目の挑戦でプロテスト合格も果たす。170センチの長身を活かした飛距離が魅力。2017年シーズンはドライビングディスタンス8位(248.58ヤード)に入っている。ミツウロコグループホールディングス所属。

【連続写真解説】FWは前傾キープが重要! 川崎志穂流「コンパクトトップでFWのが上手に打てるスイング」

画像ギャラリー

フェアウェイウッドはコンパクトなトップを心がける。お腹に力を入れ、一定のリズムでスイングすると前傾姿勢をキープしやすい
フェアウェイウッドはコンパクトなトップを心がける。お腹に力を入れ、一定のリズムでスイングすると前傾姿勢をキープしやすい
フェアウェイウッドはコンパクトなトップを心がける。お腹に力を入れ、一定のリズムでスイングすると前傾姿勢をキープしやすい
フェアウェイウッドはコンパクトなトップを心がける。お腹に力を入れ、一定のリズムでスイングすると前傾姿勢をキープしやすい
フェアウェイウッドはコンパクトなトップを心がける。お腹に力を入れ、一定のリズムでスイングすると前傾姿勢をキープしやすい
フェアウェイウッドはコンパクトなトップを心がける。お腹に力を入れ、一定のリズムでスイングすると前傾姿勢をキープしやすい
フェアウェイウッドはコンパクトなトップを心がける。お腹に力を入れ、一定のリズムでスイングすると前傾姿勢をキープしやすい
クラブを大きく上げるとスイング軌道が乱れやすい。トップで手元の位置を鎖骨の真ん中にすると、体の正面から腕が外れずコンパクトなスイングになる
アドレスの前傾角度と平行になるようにクラブを体の前で持ち、バックスイングの動きをしてみる。前傾姿勢をキープしたままバックスイングする感覚をつかみやすい
川崎志穂(かわさき・しほ)

最新記事