リキまないように気をつけると今度は緩んでミス!! 感覚ではない「緩んでる」の定義と防止策とは?

「リキんでる」を直そうとすると今度は「緩んでる」と指摘され、結局どちらがいいのか分からなくなります。ヨコヤマゴルフスクール代表の横山健司プロは「感覚やイメージだけでは、リキみや緩みを改善するのは難しいです」と提言します。

「握りの強さ」じゃない? ダフリやトップの温床「緩んでる状態」とは?

 スイング中に「リキんでる」状態を直そうとして、今度は「緩んでる」と指摘され悩んでいる人は多いはず。

「リキんでる」を直そうとすると、今度は「緩んでる」になりがち。結局どっちがいいの? と悩むゴルファーのために「緩んでる」状態について詳しく解説した
「リキんでる」を直そうとすると、今度は「緩んでる」になりがち。結局どっちがいいの? と悩むゴルファーのために「緩んでる」状態について詳しく解説した

 それも当然で、具体的な定義がないまま感覚論やイメージ論で注意しても、なかなか改善はできないのです。ダフリやトップの温床でもある「緩んでる状態」の具体的な定義はあるのか? そして、改善策があるのか? 詳しくお話ししたいと思います。

 まず「リキミ」を取ろうとして逆に緩んでしまうと、アドレスでできた腕とシャフトの角度が不自然に解けてしまい、ダフリやトップのミスを誘発してしまいます。

 インパクト付近では「トゥダウン」と呼ばれるヘッドの先端側が下がるシャフトのしなり現象が起こりますが、腕とシャフトが一直線になるほどではありません。

アドレスでできた腕とシャフトの角度が、インパクトで極端に解けてしまうほど「緩んでる状態」といえる
アドレスでできた腕とシャフトの角度が、インパクトで極端に解けてしまうほど「緩んでる状態」といえる

 また、リキミや緩みは「グリップを握る強さ」ではないということです。ガチガチに強くグリップしても、逆にクラブが抜けるほど軽くグリップしてもインパクトで腕とシャフトの角度が必要以上に解けていなければダフリ&トップのミスは出ないはずです。

 この辺りが「感覚論」や「イメージ論」だけで解決しない難しさでもありますが、「緩んでる状態」にならないように予防することはできます。

右手首が少し「前&上」でグリップすれば「緩み」を予防できる

 ゴルフのアドレスは左右対称ではなく、左右でグリップする場所が異なるために右手首が左に比べて少しだけ自分から見て「前&上」にあります。

 リキみ過ぎると「右がかぶった状態」になってしまいますが、前傾姿勢を取ったら肩から腕を突っ張らずに下げるようにした状態でグリップするのがオススメです。

両腕が肩から自然に下がった状態からグリップすれば、右手首は左手よりも少し「前&上」の位置でシャフトとの角度ができる
両腕が肩から自然に下がった状態からグリップすれば、右手首は左手よりも少し「前&上」の位置でシャフトとの角度ができる

 こうすることで両手の位置が高くなり過ぎないので、右手首が少しだけ「前&上」に来るようになります。

「緩んでる」人の多くは構えた時からすでに緩んでいて、そのまま打ってしまったり、逆にスイング中にリキんでしまっているケースがほとんどです。

左右のグリップは「右は上」&「左は下」に支えていればOK

【写真】「リキまず緩まず」で打ちたい! 最新ドライバー売れ筋ランキング

画像ギャラリー

2024年1月の売れ筋ドライバー第1位 ゼクシオ13ドライバー(ダンロップ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年1月の売れ筋ドライバー第2位 G430 MAX ドライバー(ピンゴルフジャパン) 有賀園ゴルフ調べ
2024年1月の売れ筋ドライバー第3位 ゼクシオ エックスドライバー(ダンロップ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年1月の売れ筋ドライバー第4位 B2 HTドライバー(ブリヂストンゴルフ) 有賀園ゴルフ調べ
2024年1月の売れ筋ドライバー第5位 RMX VD/X ドライバー(ヤマハ) 有賀園ゴルフ調べ
「リキんでる」を直そうとすると、今度は「緩んでる」になりがち。結局どっちがいいの? と悩むゴルファーのために「緩んでる」状態について詳しく解説した
アドレスでできた腕とシャフトの角度が、インパクトで極端に解けてしまうほど「緩んでる状態」といえる
両腕が肩から自然に下がった状態からグリップすれば、右手首は左手よりも少し「前&上」の位置でシャフトとの角度ができる
右のグリップは「上」に左のグリップは「下」に支える力が働くことでバランスをとっている。クラブを長く持ち過ぎると左グリップが支える力が働かなくなってしまう
1 2

最新記事