無意識に振り回す素振りは時間のムダ!? 覚えておきたい「上達に繋がる意味のある素振り」のやり方とは?

スタート前のゴルフ場でよく聞く「素振りはいいんだけどな〜」という会話。しかし、単にプレー進行の足かせになるだけの「あまり意味のない素振り」をしている人もいる、とはインドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチ。ゴルファーのためになる「意味のある素振り」をするには、どんな所に注意すればいいのでしょうか。

コースで行う素振りは「結果」を最優先すべき

 コースで行う素振りには「プレー進行の邪魔」や「やってもムダ」といったネガティブな意見もあります。「どうすれば素振りと同じスイングができるか?」という質問も多くのアマチュアから受けます。

ナイスショットには「意味のある素振り」をしていたかどうかが深く関係している
ナイスショットには「意味のある素振り」をしていたかどうかが深く関係している

 1トン前後といわれる衝撃で「実弾(ボール)」を打つ本番のショットと、「空砲」である素振りでは同じ形(フォーム)にはならないと僕は説明しています。

 かといって「素振りに意味がないか?」と聞かれると、場面や状況に合わせた「意味のある素振り」と、体をほぐす以外に「あまり意味のない素振り」に分類できると考えています。

 ラウンド時に行う素振りであれば、スイングフォームのカッコよさではなく、状況が求める「最善の結果」を最優先しているかが重要だと思います。

 例えばティーショットであれば、ミートや方向性に自信がある人ならビュンビュン強めの素振りをして「スピードを体にインプット」するのもアリです。ただ、トーナメントプロの多くは「これからフルショットするの?」と感じるぐらい軽い素振りを行っています。

素振りとインパクトの衝撃が伴う本番ショットとでは形(フォーム)が違うが、打ちたい球筋など「結果」を最優先していることは同じ
素振りとインパクトの衝撃が伴う本番ショットとでは形(フォーム)が違うが、打ちたい球筋など「結果」を最優先していることは同じ

 なぜならプロは、自分が打ちたい場所に向かって「どんなリズムとインパクトをすればいいのか?」という意識があるので、形やスピードよりも「結果に繋がるイメージ」のために素振りを行っているからです。

 コースと会話しながら、ボールの飛び姿を想像して「最善の結果」に向けて集中できていることが「意味のある素振り」といえるでしょう。

素振り時から「脳内」ではボールを打っている

 では「意味のない素振り」とは何か、というと「脳内でボールを打っている」イメージが感じられない素振りです。

 例えばグリーン周りのアプローチであれば、「ダフリとトップ、どちらを注意しているのか?」「どのあたりにボールが落ちて、どれぐらい転がるのか?」など、単純に振り幅やスピードだけでなく、ボールが止まるまでの「詳細なストーリー」が頭の中にないと「意味のない素振り」になってしまいます。

コースでの素振りは「ボールのどこに当たっているか」など、具体的なイメージを描きながら「脳内でボールを打っている」という印象を与えられるようにする
コースでの素振りは「ボールのどこに当たっているか」など、具体的なイメージを描きながら「脳内でボールを打っている」という印象を与えられるようにする

 ボールとまったく違う高さで素振りした後に「なんでトップした?」といわれても、見ていた側からすれば「トップするでしょうね」としか感じません。

 結果としてミスしてしまうのは仕方がないですが、素振りの段階から「明らかにミスしそう」な印象を与えてしまうのはもったいないです。

 うまい人ほど素振りの時点から「寄りそう」「入りそう」な雰囲気を感じます。これは別にスピリチュアルな意味ではなく、周りの人にすら「脳内でボールを打っている」という印象を与えているからです。

練習では「トレーニング」と「改善」の素振りがある

【写真】「意味のある素振り」ならワンオン可能!? 浮島グリーンがあるゴルフ場6選

画像ギャラリー

浮島には乗ったけれどバンカーに入った……ということもあり得るスリリングなセゴビアゴルフクラブ イン チヨダ14番パー3 写真:ゴルフ場提供
バンカーが浮島グリーンをぐるりと囲む、霞台カントリークラブ筑波コースの3番パー4 写真:ゴルフ場提供
島ヶ原カントリークラブ東コース7番の浮島グリーン。グリーン横の木も、存在感を主張する 写真:ゴルフ場提供
特徴的なバンカーが配されたセゴビアゴルフクラブ イン チヨダ8番パー3 写真:ゴルフ場提供
まさにミュアヘッドらしい、象徴的な新陽カントリー倶楽部7番パー3。風が抜けるホールなので、風に注意を 写真:ゴルフ場提供
傾斜にも気をつけないと危ないピートダイゴルフクラブ VIPコース14番パー3の浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
浮島グリーンのある京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース14番。グリーン周りの傾斜とバンカーに要注意 写真:ゴルフ場提供
スペイン南方の海岸「コスタ・ブラパ」に由来するセゴビアゴルフクラブ イン チヨダ17番パー3 写真:ゴルフ場提供
霞台カントリークラブ筑波コース3番のティーイングエリアから見た浮島グリーン 写真:ゴルフ場提供
左上に見える池が、浮島グリーンのある島ヶ原カントリークラブ東コース7番 写真:ゴルフ場提供
戦略性の高いレイアウトが特徴の島ヶ原カントリークラブ西コース。写真は3番パー4 写真:ゴルフ場提供
ピートダイゴルフクラブ VIPコース7番パー3は、グリーン手前の深いバンカーに注意が必要 写真:ゴルフ場提供
「大変きれいなコースと豪華なクラブハウスに圧倒されました」という声もあるピートダイゴルフクラブ VIPコース 写真:ゴルフ場提供
京都ゴルフ倶楽部 上賀茂コース4番ホールの1打目は浮島ティーグラウンドから。初っ端から緊張を誘う 写真:ゴルフ場提供
ナイスショットには「意味のある素振り」をしていたかどうかが深く関係している
素振りとインパクトの衝撃が伴う本番ショットとでは形(フォーム)が違うが、打ちたい球筋など「結果」を最優先していることは同じ
コースでの素振りは「ボールのどこに当たっているか」など、具体的なイメージを描きながら「脳内でボールを打っている」という印象を与えられるようにする
体やクラブの動きを改善するためには、悪いクセを中和できる「大袈裟なイメージ」でスイングすると「意味のある素振り」になる
1 2

最新記事