思うようにパターが打てない人が採用すべきアドレスとは

ドライバーやフェアウェイウッドをうまく打てなくても、パターなら確実にボールを狙った方向に打てると思っている人は多い。ところが、いざグリーン上でストロークすると、パターほど難しいクラブはないと実感します。そんな人は大西翔太流の「アドレス」を採用してみてください。

左腕とシャフトが一直線になればOK

 パッティングで狙いどおりにボールを打てない人は、アドレスしたところにヘッドが戻ってきていません。

 インパクトでフェース面が右を向いたり、左を向くと、ボールは狙ったラインから外れます。また、フェースの芯を外してもボールの転がりが悪くなり、距離感が合いません。

 まずは確実にアドレスの位置にヘッドを戻すことを考えましょう。そのためには構えが大切です。一度左手1本でパターを持ち、ヘッドを上に向けてグリップ部分が胸の前にくるように持ち上げてみましょう。

左腕にパターのグリップ部分が隠れるように握る

 このとき、目標方向から自分を見たとき、グリップ部分が左腕で隠れているように握るのが正しい握り方です。これならアドレスの位置にヘッドが戻りやすいので出球も安定します。

 アドレスしたときに、グリップ部分が左腕に全く隠れない握り方だと、極端なインサイドやアウトサイドにヘッドを上げやすく、ストロークが安定しません。インパクトの衝撃にも耐えられず、フェースの向きが変わってしまうので気をつけましょう。

 左腕とパターが一直線にならない人は、握り方をチェックしてみましょう。パターの上から手を押しつけるように握ると一直線にはなりません。パターの下から手を添えるようにして握ると一直線になります。左手の親指も右手の親指もパターの真上に乗せるようにしましょう。

目標方向から見て、肩、ヒジ、手首、親指、シャフトが一直線になるように構える

 腕とパターが一体化することで、より手の感覚をパターに伝えることができ、肩の動きとも連動しやすくなります。アドレスの完成形では、肩、ヒジ、手首、親指、シャフトが一直線になるのが理想です。この形だと両ワキも自然と締まるので、ヘッドがスムーズに動きます。ショートパットが入る確率だけでなく、ロングパットの距離感も合ってきます。

真っすぐ引いて真っすぐ出すはミスの原因

 次にストロークですが、よくヘッドを真っすぐ引いて真っすぐ出せと言われます。しかし、それだとアウトサイドインのカット軌道になりがちです。ボールの方向性も距離感も合いにくいので、やはりイントゥインの軌道をお勧めします。

 自分の軌道を確かめる方法としては、ボールと目標を結んだターゲットラインと平行になるようにクラブやスティックを置きましょう。アドレスしたときにヘッドのトウが触れない程度の位置にセットします。あとはいつもどおりにストロークするだけです。

 スティックよりもヘッドが外側に上がる人はアウトサイドインの軌道になっています。ヘッドのトウがスティックに最も近づくのはアドレスとインパクトです。バックスイングでは徐々に離れ、フォロースルーでも徐々に離れていく軌道が正解です。

トゥの先にクラブやスティックを置いたら、そこからトゥが徐々に離れていくようにテークバックを行う

 おそらく本番ではカップに入れたい、寄せたいという気持ちが強くなり、腕に力が入ると思います。それではいくら正しいアドレスや軌道でストロークしてもミスパットになります。アドレスしたら、腹筋に力を入れてみましょう。腕の力が抜け、体全体がスムーズに動きます。

取材協力・船橋カントリー倶楽部

大西翔太(おおにし・しょうた)
1992年6月20日、千葉県生まれ。
名門・水城高校ゴルフ部で活躍後、ティーチングの道へ進む。現在は、青木瀬令奈、渋澤莉絵留のツアープロコーチとして活躍。今季の宮里藍サントリーレディスオープンでは、青木のキャディを務めながら、彼女のツアー2勝目をサポートした。分かりやすいレッスンはアベレージゴルファーにも好評で、雑誌や書籍、映像メディアでも活躍。国内女子ツアーで活躍する大西葵は実の妹。弟の海翔は船橋カントリー倶楽部で研修生としてプロを目指している。

「パッティングが安定しない人」必見のレッスンをもっとチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/11/DSC_2218-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/DSC_2220-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/DSC_2306-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/DSC_2310-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/DSC_2313-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/DSC_2315-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/DSC_2206-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/DSC_2233-2-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/11/DSC_2258-2-150x150.jpg

最新記事