「ボールはバンカーなのにスタンスはバンカーの外…」 一発で脱出できる“深い前傾”の正しい作り方

あるホールで急にトリやダブルパーを叩きスコアが崩れる……、そんな経験は誰にでもあります。大叩きする原因の一つは、トラブルからリカバリー失敗です。そこで、ティーチングプロの勝又優美に、様々なリカバリーショットの打ち方を教えてもらった。今回のテーマは「バンカー内でスタンスがとれない時のバンカーショット」。

トップのミスを防ぐことが最優先

 バンカー内の縁にボールが止まってしまい、バンカーの中でスタンスをとることができない……。ラウンドをしていると、こんなシチュエーションに遭遇することがありますよね。
「ボールはバンカー、スタンスは芝の上」という状況から脱出するには、どうやって構え、どうやってスイングすればいいのでしょうか。

「ボールはバンカー内、スタンスはバンカー外」という状況ではトップ厳禁。前傾を深め、おなかの力でスイングする
「ボールはバンカー内、スタンスはバンカー外」という状況ではトップ厳禁。前傾を深め、おなかの力でスイングする

 一番気を付けなければいけないミスはトップです。足元より低い位置にボールがあるため、スイング中に少しでも体が浮いてしまうと、ヘッドが砂に当たりません。トップすればボールが上がらず、バンカーから脱出できなくなってしまいます。

胸をバンカーに向けるくらい前傾を深くして構える

 トップのミスを防ぐために、まず大切なのはアドレスです。いつもよりスタンスを広くして、大股で構えましょう。重心が低くなり、スイング中に体が浮きにくくなります。

胸板でボールを見るように、前傾を深めてアドレス。スタンスを広くすると、重心が下がって体が浮きにくくなる
胸板でボールを見るように、前傾を深めてアドレス。スタンスを広くすると、重心が下がって体が浮きにくくなる

 また、前傾姿勢を深くすることも大切です。フラットなライの時と同じ前傾角で構えると、ダウンスイング中に前傾姿勢が崩れやすくなります。胸板をボールに向けるくらい、前傾を深めておくと、前傾姿勢を維持しやすくなるはずです。

 体を深く屈めた時は、バランスが崩れやすくなる点は気を付けなければいけません。拇指球に体重を乗せるのではなく、カカト側に体重を乗せることで、アドレス時もスイング中もバランスをとりやすくなります。

大きなフォローは必要なし! “打って終わり”でOK

【連続写真解説】「スタンスだけバンカー外」ショットを成功させる構え方&打ち方

画像ギャラリー

スタンスを広めにし、胸板をボールに向ける意識で前傾を深くしてアドレス。おなかのねじり戻しでクラブを動かし、フォローを出そうとせずに、インパクトでスイングを終えるイメージ
スタンスを広めにし、胸板をボールに向ける意識で前傾を深くしてアドレス。おなかのねじり戻しでクラブを動かし、フォローを出そうとせずに、インパクトでスイングを終えるイメージ
スタンスを広めにし、胸板をボールに向ける意識で前傾を深くしてアドレス。おなかのねじり戻しでクラブを動かし、フォローを出そうとせずに、インパクトでスイングを終えるイメージ
スタンスを広めにし、胸板をボールに向ける意識で前傾を深くしてアドレス。おなかのねじり戻しでクラブを動かし、フォローを出そうとせずに、インパクトでスイングを終えるイメージ
スタンスを広めにし、胸板をボールに向ける意識で前傾を深くしてアドレス。おなかのねじり戻しでクラブを動かし、フォローを出そうとせずに、インパクトでスイングを終えるイメージ
スタンスを広めにし、胸板をボールに向ける意識で前傾を深くしてアドレス。おなかのねじり戻しでクラブを動かし、フォローを出そうとせずに、インパクトでスイングを終えるイメージ
スタンスを広めにし、胸板をボールに向ける意識で前傾を深くしてアドレス。おなかのねじり戻しでクラブを動かし、フォローを出そうとせずに、インパクトでスイングを終えるイメージ
「ボールはバンカー内、スタンスはバンカー外」という状況ではトップ厳禁。前傾を深め、おなかの力でスイングする
胸板でボールを見るように、前傾を深めてアドレス。スタンスを広くすると、重心が下がって体が浮きにくくなる
振り幅を大きくすると、体が浮き上がりやすくなるので要注意。フォローを出そうとせず、「打って終わり」のイメージでスイング
1 2

最新記事