“2円”あればパターの芯で打てるようになる! 1円玉を使ったパッティング練習法 | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

“2円”あればパターの芯で打てるようになる! 1円玉を使ったパッティング練習法

「ベストスコアを更新したい!」、「飛距離をもっと伸ばしたい」など、今年も目標を立てているゴルファーは多いはず。そんな目標を達成するためには、寒い時期の練習が大切です。ゴルフシーズンがくる前にどんな練習をしておけばいいのか。多くのツアープロを育てた鶴見功樹プロに聞きました。今回のテーマは「転がりがよくなるパッティング練習」。

フェース面をティーで突いて芯の場所をチェック

 パター上達の秘訣は、芯でボールをとらえることです。パターの芯でインパクトできれば、ボールの転がりがよくなり、距離感が安定。また、方向性も向上していきます。

 しかし、「パターの芯がどこにあるのか」、「芯がどれくらいの大きさなのか」を知らずにパッティングしているゴルファーが意外と多いんです。

パターの芯から左右1センチ程度離した位置に1円玉を貼ってパット練習。芯で打つストロークが身に付く
パターの芯から左右1センチ程度離した位置に1円玉を貼ってパット練習。芯で打つストロークが身に付く

 まずは、芯の場所や広さを簡単にチェックできる方法を紹介しましょう。片手でヘッドを吊るすように持ち、フェース面をティーの先端でトントンと突っついてみてください。

 芯ではない所を突くとヘッドはブレますが、芯を突いた時はヘッドがブレません。このチェックをすると、芯からトゥ側、ヒール側に5~6ミリ外れると、ヘッドがブレてしまうということが分かるはず。パットの技術を上げるには、ヘッドがブレないポジションでインパクトすることが重要です。

1円玉に当てないコツは1円玉を気にしないこと

【写真解説】 芯でとらえるパッティング! “2円でできる”パッティング練習法

画像ギャラリー

パターを吊るして持ち、ティーの先端でフェース面を突っついてみる。ヘッドがブレないポジションがパターの芯
1円玉を貼らず、トゥ側とヒール側にボールなどの障害物を置くだけでもOK。障害物に当たらないようにストロークする
パターの芯から左右1センチ程度離した位置に1円玉を貼ってパット練習。芯で打つストロークが身に付く
1円玉に当てないように振ると、ヘッドの動きが乱れやすい。スムーズにストロークすることを最優先させると、結果的に芯に当たりやすくなる
1 2

最新記事