股関節が動く状態なら飛距離アップも自然にできる! 可動域を広げる「卍ストレッチ」とは? | e!Golf(イーゴルフ)|総合ゴルフ情報サイト

股関節が動く状態なら飛距離アップも自然にできる! 可動域を広げる「卍ストレッチ」とは?

日常生活とはかけ離れた動きを行うゴルフスイングだからこそ、普段から関節を動かしておきましょう。特に股関節をいつでも動かせるようにスタンバイしておくことが大切です。また、胸椎も正しく動かせると、ミート率がアップするので飛距離アップにもつながります。

足を卍型に広げて上体を前傾する

 股関節をうまく使えない人がスムーズなゴルフスイングをすることは難しいです。股関節を正しく動かせないと、本来は必要のない部分を動かすことになり、正確にボールをヒットできません。もちろん、パワーのロスにもつながるので飛距離にも影響します。

 年齢に関係なく、股関節を動かせる状態にしておくことは大切なので、オススメのストレッチを紹介します。

左足を前、右足を後ろに出してそれぞれのヒザを90度に曲げる。上体を前傾して左のお尻に張りを感じればOK(右下)
左足を前、右足を後ろに出してそれぞれのヒザを90度に曲げる。上体を前傾して左のお尻に張りを感じればOK(右下)

 まず地面に座ったら、左足を前に右足を後ろに出します。右ヒザの角度が90度、左ヒザの確度も90度になるように曲げましょう。真上から見ると、足の形が「卍」のようになっているのが理想です。

 体が硬い人は90度にならなくても大丈夫です。徐々に90度に近づけていきましょう。その形から上体を前傾してお尻の筋肉を伸ばします。両手を地面に着いても構いません。左のお尻に張りを感じることが大切です。

 同様に、右足を前に出し左足を後ろに出した形をつくり、上体を前傾しましょう。今度は右のお尻に張りを感じられればOKです。

 股関節は球状なので、いろんな方向に足が動く状態にしておくことで、アドレスしたときに前傾姿勢をつくるのが楽になりますし、前傾をキープしたままスイングできるようになります。

 股関節が動くようになると腰の負担も減ります。逆に言えば、股関節が動かないから腰に負担がかかるのです。腰痛を防ぐためにも股関節のストレッチを普段から行いましょう。

両ヒザを立てた状態で連続素振り

【写真解説】 股関節が動くようになる! 飛距離アップが実現する「卍ストレッチ」

画像ギャラリー

ヒザの角度を90度にできない人は、無理にしなくてもいい
両手を地面に着いてもいいので上体を前傾する
反対サイドのお尻もしっかりと伸ばす
フィニッシュから巻き戻して連続素振りを行う
フィニッシュから巻き戻して連続素振りを行う
フィニッシュから巻き戻して連続素振りを行う
左足を前、右足を後ろに出してそれぞれのヒザを90度に曲げる。上体を前傾して左のお尻に張りを感じればOK(右下)
両ヒザを立てた状態で連続素振りを行うと、軸を中心に胸椎を回せるようになる
1 2

最新記事