いちいち何番を打ったか覚えてなかったけど…ボールに書かれた数字の意味は? 何の役に立つの?

ほとんどのゴルフボールには、メーカーロゴの下に数字がプリントされていますが、どのような役割があって番号が振られているのでしょうか?

同伴者のボールと区別したり本球と暫定球を識別するために必要

 ゴルフボールはメーカーやブランドごとに特徴が異なり、「スピン系」や「ディスタンス系」など性能の違いもあり、ゴルファーによって好みが分かれます。

暫定球を打ってしまってから番号を確認してなかったことに気づく人も多いのでは?
暫定球を打ってしまってから番号を確認してなかったことに気づく人も多いのでは?

 ボールをなくす可能性が高いビギナーは、とにかく価格の安いボールやロストボールを使用する人が多い半面、ショットの安定している上級者のなかには、1球1000円近くする高性能なボールを使用する人もいます。

 ゴルフボールはピンからキリまで、さまざまな種類が販売されていますが、必ずすべてのボールに数字がプリントされています。

 ボールにプリントされている数字は「ボールナンバー」と呼ばれており、ダースでボールを購入する場合は、スリーブ(3個入りの箱)ごとに「1」「2」「3」「4」が基本です。ハイナンバーのダースは、「5」「6」「7」「8」が一般的で、メーカーやブランドによっては、「11」や「22」のような「ダブルナンバー」を採用していることもあります。では、プリントされている数字はどのような場面で役立つのでしょうか?

 まず同伴者に同じメーカー、ブランド、色のボールを使用しているプレーヤーがいた際は、プリントされた数字で識別します。人気メーカーのボールは同伴者と被ることもめずらしくないので、スタートホールでティーオフするまえに「タイトリストの◯番です」と宣言しておきます。

 ゴルフ場の経営コンサルティングの飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は、「一般的には、ラウンド開始時に『今日はよろしくお願いいたします』とあいさつをしたあとに、ボールのメーカーと番号を伝えてティーオフするのがスマートです。たとえ同じ銘柄のボールを使用している人がいなかったとしても、伝えておくのが無難です」と話します。

 また暫定球を打つ際にも、「OBかもしれないボールは1番で、いまから打つのは2番」と把握しておくことで、間違いを防ぐことができます。暫定球とは、打ったボールがOBもしくはロストしている可能性がある際に、念のため再度ボールを打っておくことをさします。

 たとえば、OBかもしれない150ヤードのショットを打った場合、落下地点までOBであることを確認しに行って、再度もとの場所に戻ってショットするのでは、時間がかかりすぎてしまいます。

プリントされた数字に強いこだわりがあるゴルファーも

 さらに、より識別しやすくするために、ボールにペンでマーキングすることもルール上認められています。最初に打った本球にはマル、暫定球には星といった分かりやすいマーキングをしたボールを使用することにより、一目で判断することができます。

 ほかにも、ゴルファーのなかには願掛けとして自分の好きな数字がプリントされたボールを使用する人もいます。「4番は縁起が悪いから使わない」「〇番は好きな野球選手の背番号だから」「99番のボールを使って100切りを狙う」などさまざまです。

 好みの数字のボールを購入したいゴルファーは、ダースで購入するのではなく、スリーブで探すのがオススメです。ベストスコアが出そうな場面などでは、メンタルを補強する要素としてラッキーアイテムに頼ることも必要かもしれません。

 プロゴルファーでも験担ぎで数字にこだわる人は一定数いるそうなので、長年ベストスコアを更新できずにいるゴルファーは、気分転換に運が開けそうなボールを選んでみるといいかもしれません。

【写真】5色のうち、どれが見やすい? 白でも黄色でもなく太い色帯が目立つ! テーラーメイド「ツアーレスポンス ストライプ」ボール新色9月22日発売

画像ギャラリー

テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ ブルー/ピンク
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ ブルー/ピンク
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ マルチカラー
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ マルチカラー
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ
テーラーメイド ツアーレスポンス ストライプ
定番の白以外にも、さまざまな色が展開されるようになったゴルフボール 写真:Getty Images
暫定球を打ってしまってから番号を確認してなかったことに気づく人も多いのでは?

最新記事