「飛ぶ」と「残る」はどっちが正解!? ナイスショットを確かめる「ティーの飛び方」とは?

「ティーショットした後に、ティーはどこに飛ぶのが正解ですか?」という質問を受けることがあります。インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドティーチャーに話を聞くと、ドライバーと他の番手で異なる点やティーの素材や地面の状態など「正解は一つではない」そうです。しかし、ティーの飛び方で確認できることや活用法もあるそうです。

ドライバー以外のティーショットでは「ティーが残る」が正解!?

 人工マットで行う練習とは異なり、コースではティーアップしたり芝の上からショットを行います。アマチュアから「ティーの飛び方の正解は?」という質問を頂きますが、同じティーショットでもドライバーで打った時と他の番手で打った時では「ティーの飛び方」は異なります。

「ティーの飛び方」でナイスショットかどうかを確かめる方法がある
「ティーの飛び方」でナイスショットかどうかを確かめる方法がある

 パー3などアイアンやユーティリティー&フェアウェイウッドなどでティーショットを行う際は、ドライバーのようにアッパーブローでインパクトしません。

 特にアイアンは、ヘッド軌道が最下点より手前(右)側にボールがあるため、芝生が取れるのはティーよりも先になります。

 ユーティリティーやフェアウェイウッドの場合も同様に、ややダウンブロー気味にインパクトするのが基本。つまりティーショットを打った後「ティーが残る」のが正解になります。

ドライバーのようにアッパーブローでインパクトしないアイアンやUT、FWでは打った後に「ティーが残る」ことがナイスショットの目安
ドライバーのようにアッパーブローでインパクトしないアイアンやUT、FWでは打った後に「ティーが残る」ことがナイスショットの目安

 ドライバーの場合は「ティーが残る」のが必ずしも正解とはいえませんので、詳しく説明したいと思います。

ドライバーでの「ティーの飛び方」は高さや刺し具合で変わる

 ドライバーショットの「ティーの飛び方」は、アイアン時の飛び方とは異なる場合が多くあります。

 PGAトップ選手のように低めのティーでフェアウェイウッドのようなレベルブローに極めて近いインパクトでドライバーを打っている人で、木製ティーを地面にしっかり刺しているなら、ティーは残るでしょう。

使用ドライバーのヘッド厚やティーアップの高さ、刺し具合によって変わるが、ティーが「高く前に飛ぶ」方がナイスショットになりやすい
使用ドライバーのヘッド厚やティーアップの高さ、刺し具合によって変わるが、ティーが「高く前に飛ぶ」方がナイスショットになりやすい

 しかし多くのアマチュアが使用する、ボールの受け皿部分とその他のパーツが別れている「機能性ティー」の場合は、勢いよく飛んでいく場合もあります。

 そもそもドライバーのインパクトは、ややアッパー軌道になる方が最適な飛距離や弾道を得やすくなります。完璧にフェースの芯で打った場合でも、クルクルと上や前にティーが飛ぶ場合もあります。

 ダウンブローになりテンプラのミスがよく出る人なら、ティーが「高く前に飛ぶか?」をチェックした方が、アッパーブロー気味の軌道に修正できたかの判断材料になるはずです。

左右どちらにティーが飛ぶかでヘッド軌道が分かる

この記事の画像一覧へ(6枚)

画像ギャラリー

「ティーの飛び方」でナイスショットかどうかを確かめる方法がある
ドライバーのようにアッパーブローでインパクトしないアイアンやUT、FWでは打った後に「ティーが残る」ことがナイスショットの目安
使用ドライバーのヘッド厚やティーアップの高さ、刺し具合によって変わるが、ティーが「高く前に飛ぶ」方がナイスショットになりやすい
ティーが右方向に飛ぶならインパクトのヘッド軌道が「インサイドアウト」、左方向に飛ぶなら「アウトサイドイン」軌道になっている
内川聖一のインスタグラム(@uchikawaseiichi01)より
内川聖一のインスタグラム(@uchikawaseiichi01)より
1 2 3

最新記事