「飛ぶ」と「残る」はどっちが正解!? ナイスショットを確かめる「ティーの飛び方」とは?

「ティーショットした後に、ティーはどこに飛ぶのが正解ですか?」という質問を受けることがあります。インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドティーチャーに話を聞くと、ドライバーと他の番手で異なる点やティーの素材や地面の状態など「正解は一つではない」そうです。しかし、ティーの飛び方で確認できることや活用法もあるそうです。

【写真&動画】ティーに注目!? 強風を切り裂く内川聖一の“圧巻”ドライバーショットがアップされた実際の投稿

※動画はページ下部の埋め込みから

内川聖一のインスタグラム(@uchikawaseiichi01)
内川聖一のインスタグラム(@uchikawaseiichi01)
内川聖一のインスタグラム(@uchikawaseiichi01)
内川聖一のインスタグラム(@uchikawaseiichi01)

この記事の画像一覧へ(6枚)

画像ギャラリー

「ティーの飛び方」でナイスショットかどうかを確かめる方法がある
ドライバーのようにアッパーブローでインパクトしないアイアンやUT、FWでは打った後に「ティーが残る」ことがナイスショットの目安
使用ドライバーのヘッド厚やティーアップの高さ、刺し具合によって変わるが、ティーが「高く前に飛ぶ」方がナイスショットになりやすい
ティーが右方向に飛ぶならインパクトのヘッド軌道が「インサイドアウト」、左方向に飛ぶなら「アウトサイドイン」軌道になっている
内川聖一のインスタグラム(@uchikawaseiichi01)より
内川聖一のインスタグラム(@uchikawaseiichi01)より
1 2 3

最新記事