理論派の頭でっかちはやっぱりイヤ!? レッスンプロからみて“教えやすいor教えにくい生徒”とは?

スクール生の中には、指導者からみて教えやすい人もいれば教えにくい人もいるそうです。両者にはどのような特徴があるのでしょうか。

言われたことをすぐにやってくれる生徒は教えやすい

 レッスンを受けると、コーチと合う、合わないは必ず存在します。受ける側は相性が悪ければ他を探せば良いですが、教える側はそうはいきません。

アドバイスを素直に受け入れてくれる生徒は教えやすい 写真:AC
アドバイスを素直に受け入れてくれる生徒は教えやすい 写真:AC

 コーチ側からみても、教えやすい生徒と教えにくい生徒に分かれるのは事実です。では教えやすいと感じる生徒にはどのような特徴があるのでしょうか。現役のシニアツアープロでゴルフスクールも経営している梶川武志プロは以下のように話します。

「アドバイスした内容を素直に受け入れてくれる人は、とても教えやすいと感じます。これはうまい、ヘタに関わらず「レッスンでは言われたことをやってみる」という気持ちを持っている人は、次のステップに進めやすいからです。やってみてうまくいかないこともありますが、私たちは多くのゴルファーを見てきているので、その生徒にあった別の方法をアドバイスできます」

 一方で、教えるのが難しいと感じる人は、頭で納得しないとアドバイスを受け入れてくれないゴルファーだといいます。

「最近は動画配信サイトでいろいろなレッスンが紹介されています。動画の内容が正しいと頭に入っていて、それが私のアドバイスと違うケースも多々あります。『動画でみたレッスンではこうだった』などと言われ、アドバイスをなかなか受け入れてもらえないのです」

「このような場合は、本当に悩んでしまいます。もちろん納得してもらえるように説明しますが、スクールでは時間に制限があるので、十分に説明しきれないこともあります。すると生徒さんも消化不良のままになってしまいます」

 スポーツは理論も大切ですが、実際にからだを動かしながら試してほしいと梶川プロは強調します。

「教えやすい人の方が上達は早いと一概に言えませんが、もらったアドバイスをやってみようとする人の方が上達は早いと言えます。ただ、次々に違う理論と取り入れると混乱してしまい、スランプに陥ってしまう可能性もあるので注意が必要です」

理論派の人はマンツーマンレッスンがオススメ

 しかし、スイングは理論的に考えてから試したいという人もいます。このような人はどのようにレッスンを受ければいいのでしょうか。

「ある程度のゴルフ経験者で、壁にぶつかってスクールに来る人は、いろいろ試した結果、うまくいかないという人が多いです。これを解決するには、経験や実績のあるレッスンプロから時間をかけてアドバイスをもらうといいです。このような場合は、少人数やマンツーマンのレッスンがオススメです」

 ゴルフスクールには全てのコースがマンツーマンのところも多くあるので、選択肢の一つとして考えるのもいいかもしれません。

 レッスンプロは、自分のアドバイスによって生徒が上達することにやりがいを感じています。スクールに通って、そのレッスンプロに教わっている以上、まずはアドバイス通りに試してみるということが上達への近道なのかもしれません。

【写真】これが正しく構えてヘッドを上から見た時の景色です

画像ギャラリー

ヘッドをポンと置けば、オープンフェース気味のドライバーならフェースが右を向く
ソールの後方まで地面に据わったスクエアな構え
ソール後方が浮いているとフェースがかぶってしまいがち
ソールの後方まで地面に据わったスクエアな構え
一見問題ない構えに見えるが、ヘッドのお尻が浮いてしまったNGアドレス
アドバイスを素直に受け入れてくれる生徒は教えやすい 写真:AC

最新記事