ビギナーにはありがたい「前進4打」もベテランには不満 必ず使わなければいけないの?

ゴルフ場のホールの中には、ティーショットがOBになったら特設ティーから打つ「前進4打」を採用しているところもあります。前進4打は必ず適用しなければならないのでしょうか。

前進4打には「義務」と「権利」の2種類が存在する?

 ティーイングエリアから打ったボールがOBに入ってしまった際、ローカルルールとして「前進4打(プレーイング4)」と呼ばれるものが存在します。

前進4打を示す黄色い特設ティー
前進4打を示す黄色い特設ティー

 これは、1打のペナルティーを払って同じティーイングエリアから打ち直す代わりに、前方に設置された「特設ティー」まで進み、そこから4打目としてプレーを再開する方式です。

 前進4打を導入しているゴルフ場では、必ず前進4打を適用しなければならないのでしょうか。ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は以下のように話します。

「ゴルフ場が独自で定めたローカルルールによって、前進4打がマストになっている場合は特設ティーに移動し、前進4打を適用しなければなりません。しかし『適用することができる』のように義務となっていない場合はプレーヤー個人の判断に任されているので、特設ティーから打たなくても構いません。そのまま1打目と同じティーイングエリアから3打目として打ち直しても問題ないです」

「どちらを採用しているかについては、スコアカードの裏面や特設ティーが用意されているホールのティーイングエリアに注意書きの看板が立っているはずですので、しっかり確認したうえでプレーしましょう」

「そもそも、前進4打というプレースタイルはプレーファストの促進を図るとともに経営面での回転率を高めることを目的とした、日本独自のものです。『ゴルフ規則』には『ローカルルールのひな型』と呼ばれるものがあります。暫定球を打たない場合は、ボールが最後にOBの境界ラインを超えたと思われる地点からピンに近づかない範囲のフェアウェイに、2罰打を加えたうえでラフとの境界から2クラブレングス以内にドロップして再開してもいいことが記載されているのです。しかし、日本では前進4打が当たり前となっているため、あまり普及していないのが現状です」

「前進4打は『義務』と『権利』の両方がありますが、後者においては『特設ティーを使用しない』という選択も認められています。かなりの確率でティーショットがOBになってしまうようなビギナーは、スロープレー防止のためにも特設ティーに移動した方が適切かもしれません。しかし、スキルにそれなりの自信があって飛距離で挽回ができるのであれば、特設ティーを使わずに1罰打を付加して打ち直す方を選んでも問題ありません」

前進4打を適用するゴルフはゴルフじゃない!?

 また、飯島氏は「前進4打というローカルルールは、ゴルフにあるべき姿とはかけ離れた存在である」とも話します。

「ルールブックでも明記されている通り、ゴルフは『自然条件の中であるがままの状態のボールを打つ』というのが本来あるべき姿であり、プレースタイルであるといわれています。そのためOBに入ってしまった場合は自分にペナルティーを与え、『1打目の次は3打目、さらにまた同じミスを犯したら5打目』のように、同じ場所から再度チャレンジをして、障害物を乗り越えることに大きな意味があるといえます」

「特設ティーに移動すると、そこまでの障害物が全てなかったことと見なされ、いわゆる『ワープ』のようになってしまいます。ゼネラルルールで規定されていない前進4打を適用するゴルフは、極論をいえば完全なるゴルフとは言い切れず『ゴルフっぽい遊び』と判断できるという考え方もあるでしょう」

 特にビギナーはドライバーに対し苦手意識を持っている人も多いので、特設ティーの存在をありがたく思うかもしれません。しかし、ゴルフの本当の奥深さを知るためには、いつまでも特設ティーに甘んじているのはあまり良くないといえそうです。

【動画】あなたはどう思う? これが論争を巻き起こしたマキロイの池ポチャ実際の映像です

【写真】2023年ルール改訂、アマチュアにも頻出のポイントをチェック

画像ギャラリー

1.後方線上の救済は「線の上」にドロップしなければならなくなった
2.救済後、風でボールが再び池に入ったら「無罰でリプレース」
3.間違ってインプレーでない球をリプレースしてパットした「2罰打→1罰打」
前進4打を示す黄色い特設ティー
スマホ完全禁止のマスターズでは、外部と連絡をとる手段は公衆電話のみ
「禁止されている品目」として、大きく注意喚起されている
電子機器(携帯電話、ノートパソコン、タブレット、ポケットベル等)、ラジオ、テレビや音楽再生機器、旗、横断幕等、カメラ(静止画を個人的に使用するだけなら練習日は撮影可能)、足先の尖ったイス、折り畳みのひじ掛けイス、折り畳みでないイス、ベビーカー
飲食物、メタルスパイクシューズ、はしご、潜望鏡、セルフィー・スティック、約25センチ×25センチ×30センチ以上のリュックやバッグ
1 2 3 4

最新記事