夜中トイレやいびきで何度も起きる人に“5時出発”は早すぎる! 遅いティーオフが命を守る!?

野上雅子

2024年5月31日

ライフ

ゴルフの前夜にトイレやいびきで何度も起きてしまい、決まって寝不足のままコースに向かうという人は少なくないかもしれません。睡眠不足によるパフォーマンスの低下を防ぐには、どうしたらいいのでしょうか。眠りの専門医に聞きました。

40歳男性の40%、60歳男性の60%が健康を害するレベルのいびき

「ゴルフの前夜は何度も目が覚めてしまう。ぐっすり寝た気がしない」「睡眠不足でいいパフォーマンスができない」など、睡眠にまつわる悩みを訴えるゴルファーは少なくありません。

年齢を重ねると朝までぐっすりとはなかなか… 写真:AC
年齢を重ねると朝までぐっすりとはなかなか… 写真:AC

 睡眠不足によるパフォーマンスの低下を防ぐには、どうしたらいいのでしょうか。多くのゴルファーの疑問や不安に回答を寄せてくださったのは、東京疲労・睡眠クリニック院長の梶本修身先生です。

 まず、夜中にトイレ等で目が覚めてしまうのは、なぜなのでしょうか。

「小学生のころ、遠足の前日よく眠れなかった経験はありませんか。大人のゴルフもそれと同じようなものです。非日常のイベントに気持ちが昂ぶり、緊張もします。なかなか寝られなかったり、せっかく寝てもすぐ目が覚めてしまったりするのも仕方がありません」

「その典型例が1度ならず2度、3度とトイレに起きる現象です。本当にトイレに行きたくて起きるのなら寝る前の水分摂取をコントロールすればある程度改善できるはずですが、大抵の場合はトイレに行きたくて目が覚めるというより、“眠りが浅い”ことが起きてしまう原因です。眠りが浅いからすぐ目が覚めてしまい、目が覚めたときトイレに行くという習慣が(ある場合は)、尿が溜まっていないのについトイレに行ってしまう人も少なくありません」

 夜中にトイレに起きてしまうのは、気持ちが高揚したり緊張したりして、そもそも眠りが浅くなっているからなのですね。

 ただし、眠りが浅くなってしまう原因はそれだけではないようです。

「家族にいびきを指摘されたり、自分のいびきで目が覚めたりすることはないでしょうか。一般の中高年は、いびきをかくことで睡眠に何らかのトラブルを抱えている人が少なくないのです。例えば、40歳の男性では40%、60歳の男性では60%の人が健康を害するレベルのいびきをかき、さらにそのうち半分の人は睡眠時無呼吸症候群であるといわれています」

「最も怖いのは、いびきを自覚していても『最近ちょっと睡眠不足だな』と思うくらいで、その重大さを認識していない人が多いことです。睡眠時無呼吸症候群の人の自動車による事故率は、健康な人の7倍以上というデータがあります。ある程度の睡眠時間をとっていても、いびきをかくことで睡眠の質が確保されていない。脳が疲れている。そのため覚醒時でも注意力が落ち、自動車事故につながりやすいと推測されます。ゴルフの行き帰りに高速道路で車の運転をするゴルファーにとって、睡眠不足は命に関わる問題なのです」

「また、睡眠時無呼吸症候群でなくても、睡眠不足の状態ではプレー中も自律神経が休まりません。それによってゴルフ場での心筋梗塞や脳卒中、あるいは熱中症など重篤な病気を引き起こす恐れもあります。いびきを自覚している人や家族から指摘されている人は、早めに病院を受診してください」

 梶本先生はこのように警鐘を鳴らします。

残業しない、練習しすぎない、胃腸を疲れさせない

 睡眠不足を軽視してはいけませんね。では、今後ゴルフに行く時は、どのような点に気をつけたらよいのでしょうか。

「ゴルフの日はどうしても睡眠不足になりがちです。それに疲れが重なるとプレーのパフォーマンスは間違いなく落ちますし、これからの時期は熱中症の危険も高まります。さまざまな危険から身を守るには、ラウンドの前の日は疲れを軽くする意識が欠かせません。仕事では残業をしない。ゴルフの練習も長時間しすぎない。アルコール摂取や食べ過ぎをせず、胃腸を疲れさせないことも重要でしょう」

「また予約時、スタート時間を遅めにすることもお勧めします。首都圏にお住まいのゴルファーが片道2時間かかるゴルフ場へ行く場合、8時のスタートなら遅くとも5時前には家を出なければなりません。8時半スタートでも5時半までに出発となりますが、いずれにしても早すぎます。できれば最終スタートに近い時間のスタートをとり、のんびり起きて、のんびりゴルフ場へ向かってはいかがでしょうか」

 梶本先生は医師として、またゴルフ歴42年のベテランゴルファーとして、こうアドバイスしてくれました。

 楽しいはずのゴルフが命がけにならないよう、日頃から体調チェックをするのはもちろん、車の運転にはくれぐれも気をつけないとなりませんね。特に、遠方のゴルフ場へ行く場合は遅いスタート時間をとり、無理のない1日を過ごすことが大事です。

【解説】梶本修身(医師・医学博士/東京疲労・睡眠クリニック院長)

大阪大学大学院医学研究科修了。2003年から産官学連携「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト」統括責任者。ニンテンドーDS『アタマスキャン』をプログラムして脳年齢ブームを起こす。

【動画】これが原英莉花が教える「朝イチティーショット」成功の秘訣です

この記事の画像一覧へ(1枚)

画像ギャラリー

年齢を重ねると朝までぐっすりとはなかなか… 写真:AC
1 2

最新記事