ギャラリーが見ているプロの試合でも時間オーバー!? アマチュアは「3分間のボール探し」をどう考えるべき?

プレーファストの目的から、ゴルファーがボール探しできる時間はカップラーメンができ上がるまでと同じ「3分間」。アマチュアにとって長いのか? それとも短いのか? きっちり測るべきなのか? など、インドアゴルフレンジKz亀戸店・筒康博ヘッドコーチに話を聞きました。

プロよりもアマチュアの方がボール探しの時間は無い

 ゴルフは自らが審判を務めるスポーツです。トーナメントでは公平性を保つためボール探しをギャラリーやフォアキャディーが行い、不明瞭なルールを確認する時には競技委員が駆けつけます。

 一方、一般アマチュアのラウンドではギャラリーがボールを見ていることもなければ競技委員もいません。R&Aルールで定められているボール探しの時間「3分間」は、カップラーメンができ上がるまでの時間と同じ。これもあくまで「公式ルールとしての話」なので、4人のアマチュアが全員ボール探しに3分間ずつ使っていては、コース全体が渋滞してしまいます。

カップ麺ができあがるのと同じ「3分間」。ボール探しには長い? それとも短い? イラスト:PIXTA
カップ麺ができあがるのと同じ「3分間」。ボール探しには長い? それとも短い? イラスト:PIXTA

 つまり一般アマチュアが使えるボール探しの時間は、「3分間」よりもはるかに短いのが現実です。マナーとして、前組に離されず後続組を待たせることなく「常識的な範囲の時間」でボールを探し、ゴルフ場に迷惑をかけないことが最優先されます。

 クラブ競技などプレー進行よりもR&Aルールが優先されるコースが認めた試合でない限り、「感覚的」にはボールがある辺りまでカートでたどり着いた時から1分くらいでペナルティー付加と前進を判断しなければいけません。

「ボールを見失いたくない!」とヘッドアップすれば余計にボールは曲がる

 アマチュアに非常に多いミス「ヘッドアップ」も、「ボールを見失いたくない!」という気持ちが動きを誘発させています。ボールを見ようと「ヘッドアップ」をするほど、振り遅れやプッシュアウト、スライスになりボールが林の中へ消えてしまう原因になってしまいます。

ボール探しの時間を考えると「見失いたくない」と考えがち。その考えがスイング中のヘッドアップを引き起こす可能性がある
ボール探しの時間を考えると「見失いたくない」と考えがち。その考えがスイング中のヘッドアップを引き起こす可能性がある

 ティーショットなら同伴者に「後ろから見てて」とお願いしてもいいですし、ボールがすぐに見つからなければペナルティー付加&前進プレーを意識して「しっかりスイング」するしかありません。

 また、カート乗車中にも距離計を双眼鏡代わりにして到着前からボールの行方を追うこともオススメします。

「アンラッキー」も「ラッキー」も同等に受け入れよう

【図解】覚えておきたいマナー! 「ゴルフカートの上座・下座」「行き帰りのクルマの上座・下座」です

画像ギャラリー

キャディー付きの場合のゴルフカートの席順
セルフプレーの場合のゴルフカートの席順
行き帰りのクルマの席順(タクシーの場合、上司が運転する場合)
行き帰りのクルマの席順(社内のみの場合、お客様を乗せる場合)
カップ麺ができあがるのと同じ「3分間」。ボール探しには長い? それとも短い? イラスト:PIXTA
ボール探しの時間を考えると「見失いたくない」と考えがち。その考えがスイング中のヘッドアップを引き起こす可能性がある
ラフが元気な夏場が終わるまでは、大きく曲がっていなくてもロストボールしてしまう「アンラッキー」は必ず起こる
レーキをかける場合は柄をなるべく平行にしてならす 写真:Getty Images
レーキはバンカーの外に置くのが最も一般的 写真:AC
バンカーの内側にフチと平行に置くパターン 写真:AC
レーキのヘッドをバンカー内に入れ、柄の部分をフチと垂直に置くパターン 写真:AC
1 2

最新記事