乗用カートだと運動にならない? ゴルフを1ラウンドしたら何キロくらい歩くの?

ゴルフは18ホールを回るのに4時間以上を要します。あまり激しい動きがない代わりに、長時間歩くことになりますが、おおよそどのくらいの距離を歩くのでしょうか。

18ホールを歩いて回ると10キロほどになる

 1日のラウンド時間は4時間以上に及び、あまり激しい動きはないものの長時間運動し続けるため、老若男女問わず健康に良いとされています。

ほとんどのゴルフ場がカートを導入しているため、18ホールを歩いて回ったことがない人は多い 写真:PIXTA
ほとんどのゴルフ場がカートを導入しているため、18ホールを歩いて回ったことがない人は多い 写真:PIXTA

 カート道から離れた場所のボールを打ちに行くのに、数十メートルの往復を繰り返したり、アプローチをしてからそのままグリーンに向かったりなど、カートを使用しているとはいえ、かなりの距離を歩いているような印象です。

 実際にラウンドではどのくらいの距離を歩いているのでしょうか。ゴルフ場の経営コンサルティングを行う飯島敏郎氏(株式会社TPC代表取締役社長)は以下のように話します。

「ゴルフ場によっても総ヤーデージはまちまちですが、トーナメントが開催されるようなところでは7200~7500ヤードほどありますが、それはごく一部で、日本では6000ヤード前後が平均と言われています。 1ヤードをおよそ90センチメートルと換算すると『6000×0.9=5400』となるので、すべて歩いてラウンドした場合は最短距離でも5.4キロメートル歩くことになります。しかし、ボールがコースから少し外れたりグリーンをオーバーすることもあるので、最終的には10キロほどまで伸びるでしょう」

「ですが、全てのホールを徒歩で回るコースは減少し、ほとんどのゴルファーはカートに乗って移動しているはずです。そのため、これは私の感覚ですが、最低でも歩きでプレーする際の半分~7割程度、およそ5~7キロメートルは歩いていると思います。」

スキルの差によって歩く距離はほとんど変わらない

 アマチュアのゴルファーと言ってもビギナーから上級者までいますが、スキルの差によっても歩く距離は変化するのでしょうか。飯島氏は以下のように話します。

「確かに、上級者の方がルートも直線的かつ最短距離でプレーできるので余計に長い距離を歩かなくて済むというイメージも持ちがちですが、実際のところはそこまでビギナーとの間に大きな差はないと思います。むしろ、競技志向が強めの上級者は、カートに乗れるケースでもあえて歩きを選択する人もいます」

 ゴルフは、ほかのスポーツと比べて激しい動きが少なく「大した運動にはなっていないのでは?」と考えたことのある人もいるかもしれません。しかし、実際はかなりの運動効果が期待できるだけでなく、自然の中で楽しみながら健康な体づくりを目指せるスポーツといえるでしょう。

【写真24点】「疲れにくいゴルフシューズ」 「ツアー360 24」の性能を絶賛する渋野日向子とBOAモデルのディテール

画像ギャラリー

アディダスゴルフ ツアー360 24
アディダスゴルフ ツアー360 24
アディダスゴルフ ツアー360 24
アディダスゴルフ ツアー360 24
アディダスゴルフ ツアー360 24
アディダスゴルフ ツアー360 24
アディダスゴルフ ツアー360 24
アディダスゴルフ ツアー360 24
アディダスゴルフ ツアー360 24
アディダスゴルフ ツアー360 24
アディダスゴルフ ツアー360 24 BOA
アディダスゴルフ ツアー360 24 BOA
アディダスゴルフ ツアー360 24 BOA
アディダスゴルフ ツアー360 24 BOA
アディダスゴルフ ツアー360 24 BOA
アディダスゴルフ ツアー360 24 BOA
アディダスゴルフ ツアー360 24 BOA
アディダスゴルフ ツアー360 24 BOA
アディダスゴルフ ツアー360 24 BOA
アディダスゴルフ ツアー360 24 BOA
アディダスゴルフ ツアー360 24 BOA
1月にハワイで行われた「ツアー360 24」発表会イベントでの渋野日向子
1月にハワイで行われた「ツアー360 24」発表会イベントでの渋野日向子
1月にハワイで行われた「ツアー360 24」発表会イベントでの渋野日向子
ほとんどのゴルフ場がカートを導入しているため、18ホールを歩いて回ったことがない人は多い 写真:PIXTA

最新記事