初めて買うなら「ソフトスパイク」と「スパイクレス」どっちがいいの? ゴルフシューズの選び方

ゴルフをプレーする上で欠かせないのが、ゴルフシューズ。さまざまな素材・仕様のシューズが販売されていますが、どういった点に気を付けて選べばいいのでしょうか。

スパイク“レス”と言ってもグリップ力は十分

 ゴルフシューズを選ぶ際には、ソール、締め方、素材、この3つを重視する必要があります。

地面のグリップ力ではソフトスパイクに劣るとされてきたスパイクレスも年々進化している

 まずソールの選び方について解説します。ゴルフシューズのソールには、ソフトスパイクとスパイクレスという2つの種類があります。

 ソフトスパイクは、ソール部分にスパイク(別名クリートとも呼ばれる着脱式の樹脂製鋲)がついたシューズです。ちなみになぜ“ソフト”スパイクと呼ばれるかというと、1990年代までは金属製の鋲が主流だったからです。“メタル”スパイクに替わるものとして登場した樹脂製の柔らかい鋲ということで“ソフト”スパイクと呼ばれるようになりました(正確には「ソフトスパイク」という名称は米ソフトスパイク社の商標ですが、樹脂鋲を表す言葉として最も流通しているため、本稿では便宜上、一般名詞として扱います)。

 当初ソフトスパイクはメタルに比べグリップ力で劣るという評価でしたが、その後ソールそのものにも突起を設けるなどの工夫により滑りやすさを克服。歩いたときの突き上げがメタルに比べ少なく足腰にやさしいこと、グリーン上を歩いた際に引っかき傷をつけるリスクが少ないことからコース側が推奨したりメタルスパイクの使用を禁止したりしたことから一気に普及しました。

 一方のスパイクレスは、文字通りスパイクがついていません。ただし、着脱式のスパイクがついていないだけで通常のスニーカーのようにソールがほとんど平面というわけではなく、小さめの突起がたくさん並んだ形になります。

 両者の違いは芝生の上での滑りにくさとされてきましたが、今はそうでもありません。確かに以前のスパイクレスのソールはイボ上の突起が規則的に並んでいるだけというものがほとんどで、芝生を噛む感じがあまりしないことが多かったのは事実です。しかし、最近では突起そのものの形状や配列パターンの形状が進み、地面のグリップ力では遜色なくなってきています。

 ただ、スイング時に地面を蹴る力が強いプレーヤーになると、やはりスパイクレスではいま一つ踏ん張りが利かないというケースが出てきます。そのため、プロゴルファーなどエリートレベルではソフトスパイクの使用が圧倒的ですが、一般アマチュアの場合は、よほどの傾斜地でもない限りスパイクレスに不安を感じることはまれでしょう。

 では最大の違いは何かというと、それは「重さ」と「屈曲性」です。ソフトスパイクは着脱式であるため、ソール側に丈夫な金属製のネジ受けが必要になります。そのため、どうしてもその分の重さが加わってしまい、ソールの屈曲性も損なわれるのです。初心者で初めてゴルフシューズを買う場合は、軽く、普段履いているスニーカーとあまり変わらない履き心地のスパイクレスのほうが、歩行やスイング時に違和感がないと思われます。

 スパイクレスの利点がもう一つ。練習場で履く場合にソフトスパイクは足元の人工芝にあまり沈み込まないので不安定な感じがしますし、スパイク部分のみに負荷が集中して摩耗が激しくなります。その点、スパイクレスは足の裏全体が設置するため、それらの問題が解消されます。練習場なら普段履きのスニーカーでも悪くはないのですが、ゴルフシューズはソフトスパイク、スパイクレスともに、スイング時に足がシューズ内でズレにくいよう、カカト部分やアッパー全体がしっかりした素材・構造でつくられています。ラウンド時とスイング時の感覚を近づけるためにも、スパイクレスで練習したほうがベターでしょう。

手軽さのダイヤル式かプロが使う靴紐か

ダイヤル式の代表例が「BOA」システム。シューズの側面やタン部分、カカト部分などダイヤルを取り付ける位置はさまざま

 次にシューズの締め方です。ゴルフシューズには靴紐タイプとダイヤルで締め具合を調節できるタイプの2つがあります。ダイヤルタイプのシューズのほうが値段が高めですが、シューズを締めたり緩めたりすることが簡単にできるので、気軽に履くことができます。

 一方、靴紐タイプのゴルフシューズは、着脱の際に靴紐を結び直す必要がありますが、細かい締め具合の調節がしやすいため、現在でもプロゴルファーの使用率は靴紐タイプが圧倒的です。ダイヤルタイプのシューズと比較すると価格が安いというメリットもあります。同じモデルで靴紐とダイヤル式の両方をラインナップしているケースも多いので、ゴルフショップで実際に2種類のシューズを試着してみて、履きやすいほうを選ぶと良いでしょう。

 最後は素材です。ゴルフシューズの素材は、最近はニット製のものも増えてきましたが、合成皮革と天然皮革の2種類が主流です。天然皮革のほうが合成皮革よりも柔らかく履きやすいというメリットがありますが、価格が高く、また手入れも大変というデメリットがあります。これは革製品は水気を吸いやすく、蒸発する際に革が縮んでしまうという特徴があるためです。そのため濡れてしまった天然皮革のゴルフシューズをそのままにしてしまうと、形崩れして履き心地やフィット感が悪くなってしまいます。

 一方で合成皮革は天然皮革よりも履き心地は劣りますが、値段が安価で手入れも楽です。手入れが苦ではないという方には天然皮革のゴルフシューズでもいいかもしれませんが、初めてゴルフを始めるという方には合成皮革のゴルフシューズをおすすめします。

※ ※ ※

 いずれにせよ、シューズの良し悪しや合う合わないは、実際に履いてみないと分かりません。基礎知識は踏まえた上で、ショップでできるだけ多く試し履きし、自分好みの1足を探しましょう。

【写真】価格は驚きの7万円オーバー!スニーカー界のロールスロイス「M1300」ゴルフ仕様の画像を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/GOLF_00-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/GOLF_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/GOLF_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/GOLF_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/main_DSCF1940-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/sub_DSCF1944-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/DSCF1948-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/DSCF1946-150x150.jpg

最新記事